忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14
2020-07-11 [Sat]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008-07-21 [Mon]

ごん太さま宅でキャッチした創作バトンです。
がちがちに、うぜぇえってぐらい語ってます。長いです。正直読み返したくない(コラ

そういうのお好きな方だけどぞー。



創作家にインタビューバトン


【ルール】

回答の際2~13の質問のひとつ削って自分が気になる創作関係の質問を入れて下さい


ってあるんですが、面倒なので質問はいじりましぇん。


1.回してくれた人の作品(絵、小説等)の印象

 回してくれた(というか勝手にキャッチ;)人:ごん太さま

 非常にテンポの良い、漫画的な作品をかかれます。スピード感のある漫画を文字で表現、といった感じで。自分もかつて漫画的に、を意識してかいたことがありますが(『かみさまロード』ってやつです)、彼ほどのテンポを表現するには至りませんでした。もちろん、それだけでなく、作風は様々です。
 現在、ほのぼの小説を模索中とのこと。ファイトです!


2.創作を始めたのはいつ頃ですか?きっかけらしいきっかけはありましたか?

 真剣に思い出してみました。たぶん、最初にノートに物語みたいなのを書き始めたのが小学校五年生です。まあ、小説といえるようなシロモノではなかったですが。 
 きっかけ……うぅん、幼稚園のころから本は大好きで、他の子より早く黙読を覚えたと語り継がれています(笑
 小学生になってからは図書館に行きまくって、ルパンとかホームズとか読みあさってました。ルパンはもう、何度読んだことか。あと、久美沙織さんのドラクエシリーズとか大好きだったなあ。読みまくってるうちに、そのうち自分も……って感じだったと思います。


3.作品内でカップルを考えますか?

 ……カップル? そういう話なら。
 ん? それとも自作で二次創作的に妄想するかとか、そういう話? だとしたら、NO!
 いまいちわからん質問ですぞ。


4.どんな時ネタ浮かびますか?

 やらなきゃならない日常のことをしてるとき。仕事だったりお風呂だったり掃除だったり。学生時代なら、勉強してるときとか(だめじゃん。
 あとは、素敵なイラストや景色、映画や音楽に触れたとき……かな。
 

5.創作やっていて特に楽しい!と思うのはどういう時?

 特に楽しい、と思うのは、長編が完結した瞬間かな。あの達成感はクセになる。
 うーん……でもやっぱり、書いてる期間はずっと楽しいです。半分その世界に浸かってるような気分で。だから終わってしまったときに、ふと寂しくなったりします。
 楽しい、とは違うけど、読んでもらったり感想もらったりっていうのは、もう感無量。最高です。


6.キャラ設定、どこまで決めますか?

 長編なら、異様に細かく。背景、よりもむしろ性格的な方向です(背景は場合によりけり)。好き嫌いとか、クセとか。その方が書きやすいので。


7.創作について考える頻度はどれくらいですか?

 広い意味で捉えるなら、ほぼ毎日。趣味ですから!


8.話作りにおいて重視している所は?

 語りますよ。ちょっと質問から逸れるかもしれませんが。


 ☆インパクト
 これは大事だと思います。良くある話、にはあまりしたくないです。あえて王道を意識することはありますが。特に冒頭のインパクトは必須。


 ☆伏線
 伏線大好きです。読み返したときに、「あ、これ!」「あ、ここにも!」と思ってもらえるような話作りが理想です。


 ☆余白、余地
 作中であまり語りすぎない、ということです。読み手自ら気づくこと、「これはこういうことだったのか」と思ってもらうということ。せっかく伏線を張っても、語りすぎては意味がないですから。なんていうんでしょう、アハ体験?(違う?
 もう一つは、設定の説明をしすぎないということ。新任の教師がよくやらかす失敗は、教師自身が知っている10のことを、10すべて伝えようとすること、らしいです。論点がずれるし、わかりにくくなります。似たようなことが小説でもいえるのでは、と思っています。


 ☆共感
 いわゆる人間くささというか。どういう方向性でもいいので、ああ、わかる、と思ってもらえる場面を入れたいです。


 ☆テンポ
 ストーリーの流れのテンポ、描写のテンポ、両方とも大切だと思ってます。読み始めたら最後まで読みたくなっちゃうような話作りが理想です。


 ☆作風
 ちょっとした語彙や表記、地の文の印象。作風によって変えるようにしています。これは、なんとなくぼんやりと漂えば良いと思ってます。

 

 上記全部ができたらすごいですね。精進あるのみです。頑張るぞ。


9.思いついたネタをどうやって書き留めていますか?

 書きためないです。
 あ、詩や短編は、ネタの元というか、エッセンスだけもらって、その後長編になる可能性をはらんでいる感じです。


10.スランプに陥った時の対処法は?

 ……書きたいのに書けない!!! っていう状況にはあまり心当たりないです。デキはともかくとして。ひたすら書いたものが気に入らなくてポイすることはよくありますが、それはスランプではなくてステップだと思っています。無駄ではない。

 スランプではなくてステップとかって、上手いこといっちゃった感じが恥ずかしくてドウシヨウ。


11.創作に欠かせないものは?

 経験。


12.創作における文章の構造に思う事。

 これまた、微妙な。
 書き手によっていろんな構造があるとは思いますが、読み手にだって好みがあるわけですから、これがイイ、これがダメ、というようなことはあまり思わないです。
 ……って、これ、どういうことを聞きたいんだ? ちょっとよくわかんないですよ><


13.今まで何話くらいの物語を作りましたか?

 話? 何話!?
 連載モノ、という意識で書いたことがないので、答えられないです。一話の長さにもよるじゃんよ。
 あ、えーと、シリーズものっていう解釈なら、エランが一番多くて、長短込みで8作。


14.大好きな創作家さん10人にバトンタッチ(絵、文章等の印象付きで)

 がちがちに答えたので、やりづらいかなってことで; フリーでどうぞです!



──長ッ!
以下、テンプレです。

拍手[0回]

PR
2008-07-20 [Sun]

たのもーーーー!!!

a22ef1b2.jpg









兄 「蛙の住処とやらは、ここか!? イギョウのモノふえすた、なるものに参加しとうて参った!」

妹1「あ、あにじゃ、帰ろうぞ、帰ろうぞ。我らは角があるだけじゃ、イギョウなどとおこがましいじゃあ」

兄 「なにおう! 自信を持たぬか、妹1よ! 角があれば、立派なイギョウであろう!」

妹1「だめじゃあ、けんたうろすやまあめいどには敵わぬじゃあ、我は恥をかきとうないぃ」

妹2「……それに……いま……幕間って聞いた……」

兄 「なに! マクマじゃと! マクマでは意味がないではないか!」

妹1「あにじゃ、それはマクアイと読むのじゃ! 恥ずかしいじゃあ、帰ろうぞ~」

兄 「ええい、離さぬか! 兄は行くぞ! 蛙の住処とやらは、ここか──!?」



いいえ、ここは「今日も今日とて光太朗」です。





というわけで、幕間だというのに宣伝。
青蛙さま宅にて、異形フェスタ、絶賛開催中☆(ただしマクアイ中だゾ☆

青蛙さまへ、注!:ネタです。やつらはたどり着けなかったということで、すごすご山に帰りました。間違っても参加しませんよ!!




以下、nicoさま宅でキャッチしたおもしろバトンです。
相も変わらず暴露系。最近こういうの多いですね。


超ぶっちゃけバトン


■強制バトン■
見た人はなにがなんでもやること! ←!
ゲンミツに!! ←!

光太朗注※もちろんこの辺のルールは華麗にスルーで。


=A=
◆学級委員をやったことがある【○】
 ありありです。小学校時代は、多分毎年。
◆長女である【○】
 兄がおりますが、二人兄妹なんで、マル。
◆相談されることが多い【○】
 意外と。
◆お年寄りには必ず席を譲る【○】
 お年寄りがいるのに自分が座ってるとそわそわしませんか。
◆成績は中の上より上【○】
 めちゃくちゃ良かったわけではないですが。
◆人前でメイクするなんてありえない!!!【○】
 メイク中って、マヌケ面になりませんか。


丸の数【6】個  って、ぜんぶかよ!


=B=
◆何もない所でよく転ぶ【○】
 ええ、そりゃあもう。ですが個人的には、目に見えない何かがあると確信しています。妖精さんがイタズラしているんですよ。ふふ、おちゃめさん。
◆自分では笑わす気が無いのに、周りの人はよく笑っている【○】
 思い当たってしまった。
◆好きな色はピンク【×】
 基本モノトーンです。ピンクも好きですけど。
◆人に比べて行動が全体的にゆっくり【×】
 わりとちゃきちゃき系です。仕事は粗いが速いという定評が(良いんだか悪いんだか。
◆何か集めているものがある【×】
 好きで良く買うっていうのはあるけど、未練とかないタイプなので集まらない。
◆「なに言ってるかわかんない」といわれたことがある【×】
 たぶん、ないです。


丸の数【2】個  少なッ。


=C=
◆初対面の人と話すのが苦手【×】
 そんなことないですぞ。
◆自分で決めるよりも人に決めてもらった方が楽【○】
 楽か、っていう質問なら、そりゃ楽でしょう。
◆人前に出るのが苦手【×】
 どちらかというと得意。
◆校則は破ったことがない【×】
 そんな人いるんですかね!?
◆細かい作業をするのが好き【×】
 ムリムリ。


丸の数【1】個 これまた少なッ!


=D=
◆女友達より男友達が多い【×】
 男友達っていえるのって……三人ぐらいじゃないかな。あんまり殿方とお話する機会ないです。
◆声が大きいとよく言われる【×】
 大きくなくてもいい局面でいわれたことないです。
◆自分の知らない子に名前を知られていることがある【○】
 思い当たった。あれって不思議です。
◆自分のまわりはいつもにぎやかだ【○】
 どうかなあ。にぎやかといえばにぎやかだと思います。
◆文化祭や体育会は燃える!【×】
 ぶっちゃけると面倒です。あ、文化祭はそれなりに好きですが。遠足とか休みたいタイプ。
◆「落ち着きがない」とよく通知表に書かれる【×】
 むしろ真逆。


丸の数【2】個  少ないのが続くな……。


=E=
◆年齢より2歳以上年上に見られる【×】
 たいてい下に見られます。童顔。
◆1人でいるほうが楽【○】
 楽っちゃあ、楽。一人も大好きですが、複数も大好きです。
◆無表情でいると、「怒ってる?」と聞かれる【○】
 聞かれたことあります。ちょっとガラ悪そうに見えることがあるらしいです。
◆自分はめったに怒らない【○】
 自分に深く関わらない限り、そう怒らないです。
◆早く結婚したい【○】
 早く、にこだわる必要はないと思いますが。
◆学校の友達に言っていない秘密がある【○】
 うーん、秘密の一つや二つや三つや四つは。



丸の数【5】個   多いね。


結果
Aの○が多い人⇒優等生タイプ  6こ
Bの○が多い人⇒天然タイプ  2こ
Cの○が多い人⇒ガーリー(大人しい)タイプ  1こ
Dの○が多い人⇒元気ッ仔タイプ   2こ
Eの○が多い人⇒大人 5こ


顕著に「大人な優等生」

そ、そうかなあ……。



そんな大人な優等生がぼんやり描いたもう一枚。

04559aba.jpg









おまえは本当に大人な優等生か。

どういうつもりで描いたのかいまいちわかりません。コスプレ?
描くときは、紙とボールペンを用意して、下書きとかなしでイキナリがりがりやります。所詮この程度のクオリティです。




あ、最後にお知らせ!
乙麻呂さまのブログにて、「イラスト小説企画」やったるぜ、との記述が!!
気になっていたそこのアナタ!! 要チェック☆

乙麻呂さまブログ:cafe de roman
 

拍手[0回]

2008-07-16 [Wed]
みなさん、こんばんは。
昨日からろくに寝ていない光太朗です。
眠いとかそういうのを突き抜けました。

だって!!
すばらしいものを、いただいたよ!!!!!

どでじゃーーん!!

66f76d6e.jpg







黒雛さま宅にて、2121のキリ番をゲット!!
キリリクイラとして描いていただいた、『ヴァストークの歌姫』です!!

ヴァストークの歌姫のイメージイラスト的な……とかいう曖昧なリクから、こんなすんばらしいものを描いていただいてしまいました。
アエルですよ! 左の長身は、服装とか髪とか、どう考えてもリストですよ!!
映っていないところで手をつないでいるのか!? どうなのか!!? という感じがたまりません><
妄想大爆発です!!
その後とか色々考えてしまいます!!
むっはーー、黒雛さま、本当にありがとうございました><


うう、幸せだ。
幸せすぎるよう。


むわ、あれです、お知らせが!
パソだと左下からリンク貼ってあったのですが、エンキドさま主催の小説大会の結果が出たもようです。
どさくさにまぎれてメッセレス! 文樹妃さま、教えていただいてありがとうございました。まだ先かなーとか余裕ぶっこいておりました;

サイトは、
Novel contest
http://sky.geocities.jp/novel_giruga/top

です。ケータイ対応はしてないっぽいです。
『ヴェッキオの万能薬』で参加致しました。ありがたくも最優秀賞ということのようです。ありがとうございます。
って、見ていただければわかるんですが、特別審査員が私以外の全員という……い、いいのかな;

とっても勉強になりました。
自分のへいただいた審査コメントもですが、他の方へのも熟読して、ふむふむと思うとこたくさんあって。
第二回も開催される……のかな?? 興味ある方は、要チェキ☆(テンション迷走。



以下、バトンです。


変態バトン



うそです。
ムリです。


藤夜要さまに華麗にパスします。

藤夜さまお好きそうなので(コラ)、藤夜さま宅にてそれとなく存在を臭わせたら、すでにテンプレまで用意してお待ちになっていらっしゃいました(笑 ど、どんだけ楽しみにしてるんですか(笑
私はできないんけど代わりにどうでしょう、というつもりだったのに、私からの指名をうっきうきで待っていらっしゃるご様子。最高です。

気になるあなたは、藤夜さま宅、またはすでにやっていらっしゃる青蛙さま(笑いなしじゃ見れないヨ!)、ごん太さま(弱変態っぷりが逆にリアルだヨ!)、ノラさま(かわゆいのにしっかり正統派の変態だヨ!)、早村さま(まさかのラッカル☆×※●□だヨ!)宅へGO!!!


で、次はほんとにバトンです。
長くなったので続きにします、ごん太さま宅で拾った「バロメーターバトン」です。

拍手[0回]

2008-07-14 [Mon]

ノラさまに、7000ヒット記念イラストをいただきました!

どどーーーん!!

a8dc0fe4.jpg








超カッコイイ。
セリフがまたすごいです。

「7000hitなんて、俺の前じゃただの数字さ」

ラッカルゥーーー!!
知ってんだぞ、家じゃあいすまんじゅう片手にアニメ見て泣いてんだろ><
でもそんなおまえが愛しいゼ!!!

ノラさま、ありがとうございました!!




以下は、愛田さま宅でキャッチしたキャラバトンでございます。
自分のキャラで好き勝手やってますので、わからない人には本当にわからない不親切なデキですが、わかるキャラがもしいれば、そこだけでもニヤリしていただけると幸いデス。

いっくぞー!!



次の項目に当てはまるオリキャラを答えてね!


・目が綺麗な人

■ クルイーク(ヴァストークの歌姫
■ 悠良(エランシリーズ

ク 「え、なんでオレ? 赤いから?」
悠 「目、限定なの? つまらないわね」
ク 「う、なんだこの偉そうなねーちゃん。感じ悪ッ」
悠 「……(一瞥。スタスタスタ」

……しまった、会話にならなかった。


・目が大きな人

■ 桜田佑衣奈(かみさまロード
■ 桜坂下桜子(宇宙人、桜子

佑 「どもー、ゆいなですー。天使ですー」
桜 「桜坂下桜子です。う、宇宙人です」
佑 「始めまして、サクラコ。宇宙人ですか、すごいですねー」
桜 「天使もすごいと思います、自信を持ってください」
佑 「ところでこれ何の催しですか、くだらない用だったら暴れますけど。──え? 目が大きい?」
桜 「大きい、ですかね」
佑 「しょーぶです、サクラコ! あっぷっぷ!」
桜 「──え? あ、はい! っぷっぷ!」

意図したかわいらしさと、天然のかわいらしさの競演。


・目がエロい人

■ リスト(ヴァストークの歌姫
■ 田中(現実サーガ

リ 「ちょっとこれひどいでしょう、エロくないよ、別に。ショックだ……」
田 「エロいんじゃない、タレ目だし。推薦者、クルイークって書いてあるけど、知り合い?」
リ 「あいつか。くそう」
田 「あ、もう一人いた、推薦者、アエル」
リ 「がーん」
田 「これ以上いっしょにいると、キャラかぶってる感がばれちゃうから、もういいかな」
リ 「……こっちのホストな人はわかるけど、なんで俺まで……」
田 「あ、傷つくなー。もうホストになろうかな。委員会は給料安いし」

なんて面白味のない二人だ。


・口が可愛い人

■ 柳原千鶴(かみさまロード
■ 金田惣太(かみさまロード

千 「ちょ、か、かわいいとかやめてくれない!? いい迷惑だわ! 推薦者だれよっ、……木下、晃平ですって? 嫌がらせだわ!」
惣 「オレのほうの推薦者は佑衣奈だ……ちょっと嬉し……い、いや、騙されないぞ!」
千 「私たち二人なんて、明らかに意図的じゃないのよ! 惣太、さっさと世界征服するわよ! 準備なさい!」
惣 「おう! ──や、でもほら、あんまり迷惑になることはよう……(もにょもにょ」

懐かしすぎて涙が出た。
千鶴→単純に晃平からの推薦。あの男は他意なくこういうことをしそう。
惣太→晃平の推薦を見た佑衣奈がおもしろがって嫌がらせ的に推薦。


・口がセクシーな人

■ 蚊ガール(蚊ガール

蚊 「あ、どうも、血を吸わせていただけませんカ」

思いつかなかったとはいえ、ここからか……。
語尾の「カ」がカタカナなのは、最初は「蚊」と表記していた名残。
漢字のままのほうが良かったです蚊。


・髪が綺麗な人

■ レオン(紫雷)(LosT ChildreN

レ 「やー、にいちゃんは本当はこんな空気読まないことしたくないんだけどな。誰だおまえ、って感じだと思います。ええ、もっともです。三兄弟の長男です。俺には冷たいブラコン次男と、ひたすらかわいい三男とどうにかやってます。──え、どうでもいい? だよねー(そそくさと退場」

空気読んでないのは私です。
知ってるってひとがいたら驚きます。
こっそり消そうかなとか思ってる、だいぶ昔に書いた小説のキャラです。


・髪が痛んでそうな人

■ グリーヴァ(ヴァストークの歌姫

グ 「アタシの髪が痛んでるって? イイ度胸じゃないか、ちょっとこっち来な!」

さらに空気読まない私。マイナーすぎる。
敵キャラです。髪を刃に変えて攻撃。そりゃ痛むでしょう。推薦したのはクルイークあたりかな……。


・顔が綺麗な人

■ プティ(空と桜の冒険記録

プ 「え、わたくしですか? そんなことは……──推薦者、桜? まあ、桜のほうがよっぽどかわいらしいのに。あ、そうだ、じゃあ次の項目は……」


・顔が可愛い人

■ 桜(空と桜の冒険記録

桜 「ええっ? は、恥ずかしいなぁ……。でもありがとう、プティ☆」

なにやってんだこいつら(BY 空。


・体つきがエロい人

■ 桜井有里沙(現実サーガ

有 「っていうかさっきからさ、どう考えても「桜」率高すぎでしょ。そういうのってどーかと思うわ。責任者どこよ! あとエロいってやめてくれない、プロポーション抜群とかそういう言い方にして欲しいわ。こっちはね、どんなコスプレでもこなせるように、日々体形管理には気をつかって…………ちょっと、最後まで聞きなさいよ!」

──逃げます。
推薦者はきっと弟くん。


・ペットにしたい人

■ 怜(エランシリーズ
■ ジョニー(シャルロットシリーズ

怜 「ペット? どゆことっ? こっちの白くて丸いのはわかるけど、なんで俺?」
ジョ「ヒュイーーー」
怜 「うわ、なんだこれ、ほんと得たいがしれない……。どういう仕組み?」
ジョ「ヒュイー、ヒュユユ、ヒュゥーー」
怜 「おっと、悪い。まーいーか、実際にペットにされるわけでもないみたいだし。帰ろっと」
ジョ「ヒュイ」

推薦者は光太r……おっと、いかんいかん。


・拘束したい人

■ 莉啓(エランシリーズ

莉 「……拘束だと? なんだ、このふざけた項目は」

推薦者は青○さんです。
目に見えない何らかのパワーで、推薦状が流れ着いた模様。


・頭をなでたい人

■ ミーシャ(終わりの人形

ミ 「あたしの頭を? ふふ、変なの。でも、ありがとう」

推薦者はロゼとアスフェルと私です。
また空気読まないこのラインナップ。


・ピンクが似合う人

■ キャサリン(シャルロットシリーズ

キャ「まあ、ありがとう、ジョニー! 二人の愛は永遠よね!」

っつーかピンクしか着てないじゃん、あんた。


・緑が似合う人

■ 翠華(エランシリーズ

翠 「緑、じゃなくて翠、なんだけどね。推薦者はだれ? 怜以外だったら怒るよ」

……じゃあ、怜ってことで。


・青が似合う人

■ 桜井良太郎(現実サーガ

良 「うお、こんな出方ならむしろ出ない方が良かったぜ……。つーか俺、別に青とか着ねえけど」

Gパンのイメージがあるので、ご出演いただきました。


・黄色が似合う人

■ シャルロット(シャルロットシリーズ
■ エリスン(シャルロットシリーズ

シャ「はっはっはっ、これはおかしなことを。私は黄の衣類など着たことがないのだがね、エリスン君」
エ 「あたしだってめったに着ないわよ、どういう理由で推薦したの? シャルロットはその気の毒になるほどの脳天気さが黄色のイメージだったってだけよ」
シャ「脳天気か、ふむ、常に自分のペースをくずさないというのも考え物だ。見方によってはそのように映るとはな」
エ 「で? あたしが黄色の理由は?」
シャ「黄のドレスを持っていただろう。あれが特に似合っていたなと、ふと思い出したものでね」
エ 「……あんた最近、調子に乗ってない?」

お互いを推薦し合ったようです。
仲良しめ。


・黒が似合う人

■ セリオ(ヴェッキオの万能薬
■ ガット(ヴェッキオの万能薬

セ 「似合うっていうか、黒しか着ないしなあ」
ガ 「アタシ黒くないわよ! なんで、セリオといっしょにいるから?」
セ 「推薦はどっちもフィオーレ……なんだろう、適当感がうかがえる……」
ガ 「ガットちゃんは紫なのにぃ」

フィオーレさんがなんとなくで推薦したみたいです。
セリオはいつも黒いから。ガットは黒いセリオの胸ポケットにいるから。


・白が似合う人

■ フィオーレ(ヴェッキオの万能薬

フィ「……白が似合う? 私がか? 白など着ないのだが。これは、どういう意図だ?」

セリオからの推薦です。赤い髪に白い服が似合うんじゃないかなーと思ったそうです。
まー適当によろしくやってください。
つーか、こここそ桜子だったか。しまった。


・妄想のオカズにしてる人

■ アエル(ヴァストークの歌姫

ア 「…………。推薦人? いいよ、見なくてもなんとなくわかるから。どうやって思い知らせてやろうか……」

逃げろ、クルイーク!!

 


おしまい!!

自キャラが総勢27名。
全員……はさすがにないでしょうが、半分とかわかっていただける方がいるやも。やもやも。
心からの感謝を><

バトンお持ち帰り:
http://www.blogri.jp/baton/?id=51501
ブログリバトン置き場:
http://www.blogri.jp/baton/

でした。
よろしければどぞーー><

拍手[0回]

2008-07-12 [Sat]
【感謝】

前々回……前々々回?? あ! と思ったのに忘れてました;
なんかだいぶいまさら感がありますが、

7000ヒットです!

皆々様、ありがとうございます!!


嬉しいです。
昨日(7月11日)のアクセスがものすごいのは、確実にリレーバトンのご加護です。
コメントもたくさんいただけて、とっても嬉しいです。
コメント欄のチャット化なぞ、望むところだ!!!!(笑

まだ先ですけど、一万とか行ったらなんかしたいですねー。一万かあ。
うん、よし、一万いったらあいすまんじゅう十個買おう。
──は、それでは感謝の意が表せない!?
く、じゃあ、あいすまんじゅうを抽選で十名様に……(笑


【日記】

今日は、例の失神事件の件で病院に。
もともと失神した病院が大きな大学病院なので、そこの神経内科に行ってきました。
あれやこれや質問されて答えるも、基本的には失神した本人に聞いてもねーということみたいで、院内で連絡取ったりしながら、どんな状況だったのかを分析したりなんたり。
結局のとこ、また日を改めて検査、ということになりました。

先 「以前、別の大学病院で検査したことがあるんですよね?」
私 「あります」
先 「そのときは、脳波の検査ってしました?」
私 「…………さあ、どうだったでしょうか」
先 「え。覚えてないんですか。頭に電極つける、あれですよ」
私 「ええと……何回か通った気がするので、やったんじゃないでしょうか」
先 「……えええ? 覚えてないんですか?」
私 「はあ」
先 「60歳のお婆ちゃんとかなら私も諦めるんですけどね、2●歳の若さで、覚えてない、ですか?」
私 「お、覚えてないです」
先 「失神よりもむしろそっちが心配です」

マジで?

その後の説明が、また丁寧で丁寧で。
同じことをかみ砕いて何度も説明してくれました。目をじっと見つめて、一言一句、区切りつつ。
ちゃかす雰囲気とかなくてですね、なんかどうやら本気で心配されていてですね。

これはもう確実にアホな子だと思われました。
いやまあアホな子ですけど。

っていうか、検査受けたの7、8年前ですけど、そんなの詳細に覚えてるもんですかね!?
私けっこう病院経験豊富なんで、色々記憶混ざってるんですけどね!?
──って後から思ったんですが、最初の失神が小学生のころといったらたいそう驚かれたので、検査もわりと最近やったのだと勘違いしてたんじゃない、か、なー……と。そうだといいなあ(そうじゃなかったら救いがないから確認したくない。


【重要なお知らせ】

というわけで、地雷バトンです。
藤夜さま宅にて踏んづけました。地雷ってことらしいですが、まあそのへんはテキトーに。

どう考えても長いので、続きで。

拍手[0回]

HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]