忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[181]  [180]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170
2017-06-27 [Tue]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008-10-29 [Wed]
本番用じゃないんですが、なんとなく書いてしまったくだらないSSです。
ジャンルはたぶんコメディです。

青蛙さまに献上するのもためらわれるデキ。トホホ。

拍手[0回]



【ぶらっくわん な おはなし】



「ね、吉永さんは知ってる? なんでも願いを叶えてくれる、妖精の話。この学校にね──」
「バカじゃないの。なんでアタシがあなたたちと一緒に、仲良くオハナシしなきゃいけないの。価値が下がるでしょ、価値が。他でやってくれない」

 吉永ソニアはいい放った。クラスメイトたちは顔を見合わせて、すごすごと離れていく。美人だけどヤな女──これみよがしな悪態が聞こえてきたが、ソニアはまったく意に介さなかった。美人という言葉が聞こえてきたからだ。わかっているなら、それでいい。
 吉永ソニア。純日本人だが、カタカナでソニアだ。ソニアはこの名前が気に入っていた。美人の自分によく似合う。両親は並の容姿だが、自分を絶世の美女に生んでくれたことには感謝している。
 ソニアは自分が世界一かわいいと本気で思っていた。中学も高校も、制服のかわいらしさで選んだ。大学は、品性を高められる淑女学校へ進むつもりだ。大学生活のうちに将来有望なジュニアをつかまえて、未来は社長夫人。彼女のプランは完璧だ。事実、十七年間、思い描いた通りの生き方をしてきた。

「ほう、おぬし、美しいのう」

 不意に、声が聞こえた。
 ソニアは眉をひそめ、周りを見た。いつのまにか、教室には自分ひとりになっていた。さっきまでたくさんのクラスメイトがいたはずなのに。
 声など、気のせいだったのだろうか。なんだか気味が悪くなって、急いでスクールバッグを肩に引っかける。長い髪を後ろに払うと、さっさと歩きだそうとした。
 しかし、できなかった。
 長い髪の端を、誰かに捕まれていた。くん、と頭が後ろに引かれる。

「待て待て。せっかく褒めているのに、礼もいわず去るやつがおるか」

 今度ははっきりと、聞こえた。ソニアはほとんど反射だけで振り返った。
 そこには、小さな人間がいた。
 幼いころ、絵本で読んだこびとを思い出した。ソニアの机の上に、十センチあるかないかの、小さな小さなひとの姿。
 しかし、絵本のそれとはひどくイメージが異なっていた。
 マゲを結っている。何やら重そうな、仰々しい着物を着ている。

「……妖怪?」
「失礼な。妖精じゃ」
「マジで」

 ソニアは鼻を鳴らした。クラスメイトの話が頭をよぎる。これが見間違いにしろ夢にしろ、たとえ現実であったにしろ、とりあえず怖くはなかった。身をかがめて、自称「妖精」のマゲをつまむ。

「へえ、ちゃんと触れる。気持ち悪い」
「貴様、ほんに失礼じゃな。せっかくそれほどの美を持っておるのに。なんと惜しい逸材よ」

 妖精は嘆いた。悪い気はせず、ソニアはにっこりと微笑んでやる。ソニアにとっては、内面の美しさなどどうでもよかった。そんなものはいくらでも取り繕うことができるのだと、経験から知っていた。

「妖精さん、アタシになにか? あんまり美しいから出て来ちゃったの?」

 妖精を机に戻してやると、床にしゃがんで、あえて上目遣いを披露する。ふむ、と妖精はなにごとかを思案するように、顎に手をあてた。ソニアの顔をまじまじと見る。

「そうじゃな。おぬしの美しさに惹かれ、思わず出て来てしまったのは事実じゃ。だが惜しい。本当に惜しい。完全なる美かと思えば、おされの基本もなっておらんとは」
「──聞き捨てなんないけど」

 ソニアは怒りを露わに目を細めた。内面をどうけなされようとも響かないが、おしゃれというのならば外見のことだろう。
 朝は一時間かけてメイクをして出てくるというのに。学校でも、休み時間ごとにトイレで美のチェックをするというのに。

「何が足りないのよ。いちゃもんつけてると、ひねりつぶすよ」
「いやちょっと! わしは妖精じゃぞ! 妖精ひねりつぶしたら、後味悪いぞ!」
「後味ぐらいなに。いま最高に気分悪いの」
「──待て、話は最後まで聞かぬか!」

 妖精は慌てて両手を突き出した。まさに妖精をひねろうとしていたソニアは、唇を尖らせながらも聞いてやることにする。
 椅子を引き、音をたてて座ると、腕を組んだ。

「手短にね」
「そもそもわしは、人間の願いを叶える妖精なのじゃ。貴様の願いを叶えようと、こうして出て来た。美人なおなごに弱いのでな。ささ、願いごとを申せ」
「特にないわ。すでに世界一美人だし」

 妖精は、大仰な仕草で首を左右に振った。大きくため息を吐き出す。

「確かに、美しい。しかし、おされがなあ……」

 ソニアは眉間に皺を寄せ、妖精を睨みつけた。今度こそひねりつぶそうと、手を伸ばす。

「待て待て、では、こうしよう──貴様に欠落しているおされ、わしが補ってやろう。それさえ加われば、そなたの美は完璧じゃ」
「タダで?」
「タダで」

 ソニアは、足を組んで、数秒の間思案した。どう聞いても胡散臭い。が、やってくれるというのならば、やってもらおうじゃないかという気持ちが勝った。おしゃれが足りないというのならば補ってもらい、気に入らなければせいぜいなじって、それからひねっても遅くはない。

「じゃ、お願い」
「いいじゃろう」

 満足げに笑って、妖精は両手をかかげた。淡い光が、両の手を包む。

「──ほんじゃかまかまかぴたりか、ほあ!」

 冗談みたいな呪文と共に、光が弾けた。
 ソニアは思わず目を閉じて──


 ──次に開けたときには、妖精の姿はなかった。
 代わりに、蘇る喧噪。自分と妖精以外、だれもいなかった教室に、数人のクラスメイト。放課後の、いつもの教室だ。
 ソニアは、ゆっくりをまばたきをした。白昼夢でも見たのだろうか。
 妖精とのやりとりを思い出し、慌ててスクールバッグを下ろすと、サイドポケットからハンドミラーを取り出した。おしゃれがどうの、といっていたはずだ。何が変わったというのだろう。
 小さな鏡で、注意深く全身を見る。いつもの制服、自慢の長い髪。すました唇、大きな目。さすがに後ろ姿までは確認できないが、こうして見る限りでは、いつもの自分そのままだ。
 やはり、夢でも見たのだろうか。ばかばかしい、と首を振り、もう一度バッグを持つ。

「あ、吉永さん。さよなら」

 クラスメイトの男子が、そう声をかけてきた。医者の息子。笑顔を振る舞うべきだと瞬時に判断し、ソニアは最上級の笑みを見せる。

「ええ、さよなら」
「────うわ!」

 顔を赤らめて照れるはずの男子が、目を見開いてのけぞった。ソニアを指さして、叫ぶ。

「吉永さん、は、歯が……!」
「……は? ──!」

 二度まばたきをして、ソニアは気づいた。もう一度、ハンドミラーを取り出す。
 口を開けて、歯を、映した。

 ソニアは、声にならない悲鳴をあげた。
  白く美しいはずの彼女の歯は、すべて、黒々と鈍く輝いていた。

「なんと見事なお歯黒。女性のおされは、こうでなくてはのう」

 遠のく意識の片隅に、妖精の誇らしげな声が響いた。








ぶらっくわん = お歯黒 というオチ。 
 
 

すみません、こんなもん書いて。
このくだらない思いつきのためだけに費やした、昨夜の一時間。そんな自分を嫌いになれない。
それにしても、


くだらなっ!




エランも地味に更新してます。
こんなに時間かけて何かを書くのは久しぶりです。でもその分練っているのかといわれると……いやそれ以上いうまい。  

PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
おされ!
お歯黒はセクシィだ!
て、昔の人は言っておりましたよ。
うむむ。地文と台詞の間には、改行入れた方が読み易いですよね。
まいっチング。
妖精がおじいなところにオリジナリティを感じますな。相変わらずやりおる。
それでこそ我が師、東方不敗!

あちしもお誘いSS書いたんで、載せとこ。
高田高 2008/10/29(Wed)12:27:20 編集
妖精〜!
和なビジュアルで妖精〜!
妖精というとティンカーベルのようなイメージを抱いてしまう安直な自分が憎いです;;
妖精さんを描きたくなりました〜♪マゲが愛しい!
そして…短くてもちゃんとお話の中に入り込めるのは光太朗さまのお力ゆえですね!スゴイ!

エラン連載がんばってください〜!
翠華活躍に期待大です!
麻葉紗綾 2008/10/29(Wed)16:58:22 編集
なるほど!
そうですよね~おされはこうでないと(いつの時代の人
昔のおしゃれの感覚って案外わかんないですよね~
江戸時代だったかは口紅の色が緑とか聞いた日にゃあびっくりしましたよ~!
それも下唇だけとか…どんなんYO!とか思いましたよ!
ああSS、おもしろかったです!

それと前記事のレスにレスみたいな感じなんですが……
うわーーんごめんなさいお母さん><。。
正直にわかんなかったですって言うのがヤだったんです(コラッ
次はがんばりますので!え、もうない?!ガーン…
(寸劇終わりッ

あ、あとイラスト小説すっごい楽しみです!ほんとありがとうございます><
田中M氏 2008/10/29(Wed)19:24:04 編集
なんじゃこりゃあ(笑
美人だけどヤな女・・・ってびっくりした。
蛙のことかと思ったよ(笑
お歯黒ってかなり臭かったらしい。
だから昔の美女の口は!!!!

光ちゃん、すばらしいSSありがとう。
蛙も内面を磨こうと決心しました。
だって妖精が出てきたら困るぅ(笑
青蛙 2008/10/29(Wed)20:56:06 編集
無題
なるほど、お歯黒・・・・(笑)
ソニアって、名前的に何か銀髪っぽそうですねwwそして眼は青いんだ。(「純日本人」を思いっきり無視した私のイメージってwww)

あ!
というか光太郎さん!
あの頭の運動なんですけど、見事にしてやられました!
つか黄色と青はあってたんですよ!でもピンクがなぜかわからないくて、
「これは、まさか『誰も紙の中にしか線を引いちゃいけないとは言ってませんよ~www』とかいうひっかけか?!」
とか一人正解した気満々で紙の外から大回りをしてピンクとピンクをつないでました。
・・・全然ハズレてた。orz
頭も体も運動が足りない自分を痛感しました。あぁ、イタイイタイ・・・
いじ URL 2008/10/29(Wed)23:32:25 編集
価値観の違い!?
そういう最後でしたか。くだらなくても、なかなか予想できないオチを書くのが素敵です。すみません、そういう知識に乏しい発言でした(汗)

平安時代とかがお歯黒が流行っていたのでしたっけ? 
そんな妖精さんがいたら、即お断りですね。昔と今では価値観が全然違うので、迂闊にタイムスリップなんてできないよな、なんて思ったりしました。

エラン、追い掛けていますよ~! 更新楽しみにしています。
桐谷瑞香 URL 2008/10/30(Thu)00:08:43 編集
無題
いや別にただのみおひかるです。
なんていうかあれですよね。澪って書くと零のイメージから漆黒の少年的な容姿が見えるけど、美緒って書くとふつーに女の子っていう。

個人的に――。
『吉永さん』という出だしはやめたほうがいいと思います。
なぜならば、『吉永さん家のガーゴイル』という作品がヒットしてしまってるので、キャラクターがそちらに引かれてしまいます。
ほかの人はどうだか分かりませんが、かなり個人的な意見で。
ちなみにこれは僕の作品にも言えることで、ハルミルトンという名前もその作品に入っているそうです。何気に怪盗の娘だったので、修正に追われてます。
まぁ、名前がかぶるくらいで小説の質は落ちないですけど、新人賞の審査員に「こいつこの作品の影響うけてんのな」と思われたら損だろうなーとのことです。
以上ゴタクです。

というわけで、読ませていただきました。
学校で短編小説の募集をしているらしく、どうやったら800字で世界を作れるだろうか、と悩んでいる最中でした。この作品のまとめ具合に見事にやられましたよー。参考にさせていただきます。
人間ではない生命が、日常の中で突如現れる。
一番シンプルな出だしでありながら、一番書きにくいシーンだと思ってます。ぃぇす・ゆー・かみさま! のタイトルも妖精使ってたんですが、初対面のところで行き詰まりました。妖精の存在を主人公に気がつかせるあたりでもう混乱というね。
ところがここではそれを見事に、しかもノリで出来ました的なよどみのない流れでもって書き上げてるところが一番感動しました。
なるほど、こんな感じでやっていけばいいのか。
というわけで、参考にさせてもらいます。
後、おちとか。
ここまで予測を裏切ってくれるオチはなかなかないですwww。
光太朗氏ならではの巧みな話術がなす芸なんだろうなーと参考にすることさえ忘れてしまいかねない見事な演出だと思います。
すげーなー。
うらやましいっす。

それからー。
『おされの基本もなっとらん!』
いやたぶんこれは青年の宿命なのかもしれませんが、おされを押されと変換してしまい、何、押されの基本? 押し倒される基本なのか? つーか展開わかんねー、ってなんたんですけどwww
下のおしゃれを読んで初めて正規の意味を得ました。

それでわ。
暴言失礼しました。
美緒。 2008/10/30(Thu)10:41:43 編集
SSコメレス☆
>高さま

 お歯黒ってわかんない世界ですよねー。セクシィだったのか……。奥が深い。
 いや、どうなんでしょ。ブログではテンプレの関係上ちょい読みにくいこともあり、一応改行を……──って、携帯で見て愕然としました、字、読みにくい!! パソのテンプレがいまハロウィン仕様で、背景がダークなのですよ、なので明るい字色を設定していたのですが、ケータイだと読みにくいだけでした(汗 しかも白字まで使っているという。申し訳ないです。明日を過ぎたら戻りますので><
 いやはあ、東方不敗っすか。むふふ。
 SS、後ほど拝見……あや、青蛙さまが持ってくのかな?? ともかく拝見します!!


>麻葉さま

 和でマゲで妖精、詐欺ですね!!(笑 いやティンカーベルとかの方が確実にかわいくて夢があります。イヤですマゲ妖精。深夜だったのでちょっと発想がおかしかったのです。うわああんっ、でも見たいーー!! よろしければ描いてくださいっ、マゲ妖精!! そうすればきっと麻葉さまのそばにもマゲ妖精が出現……あ、願い下げですか、そうですか(笑

 えへへ、エラン、ありがとうございます! 翠華さん登場させちゃいました。もう好き勝手やります><


>M氏さま

 そうですよ、おされがなってないですね最近の若者は(ノってみた。

 昔のおしゃれ、時代劇とかではいまの美意識にある程度準じてるって話ですけど、忠実にやったらどうなるんですかね。下唇が緑……怖い、怖いよ、食らわれるよう>< SS、おもしろかったといっていただけて嬉しいです、ありがとうございます! わあいっ!

 あれ、ごめんなさい? あ、説教したからですか?(笑 いやあん謝らないで娘よ! ママはあなたが笑顔でいてくれればそれでいいのよ、調子ぶっこいてごめんなさいネっ>< おわびに今日の晩ご飯はさんまご飯よ☆ ええまたぁとかいわないの☆(包丁ギラリ

 イラスト小説、いつになるやらですが気長に、気長にお待ち頂ければ!! 素敵な機会にうきうきしています、私も楽しみです>< ありがとうございます──!!


>青蛙さま

 ですよねー、私も書きながら、これって私のことかなあとか思いましたよ(悪ノリ。
 お歯黒って臭かったんですか! どこに魅力があったんだ、お歯黒……。って一応調べた気がするんですがマッハで忘れました。
 もっとまとまりのあるものを書ければよかったのですが>< そしたら堂々と献上したのにぃ。本番ではもうちょいがんばります、とかってこんな感じだったらごめんなさい(先に謝ってみる。

 私も内面磨きます、ほどほどに!!
 まあそう簡単に変わらんですけども(やる気ないなあ。


>いじさま

 お歯黒です。そんなブラックワンです。ああくだらない、くだらない……><
 ソニアって名前をつけるのどーなんですかね。一応漢字にしようかと思ったんですが、楚爾亜とかって暴走族みたいになりそうなのでやめました。怖い、怖いよ。
 
 クイズ、不正解でしたか(´ー`ホホエミ
 ピンク、そうなんですよね、ほんとになぜかわかんないんですよね! わかっちゃえばなんでーーーー!? なのに。不思議でございます。ご友人等にばらまいてやらせてほくそ笑んでください(って私はどれだけこのクイズを普及させたいのか。


>桐谷さま

 そういう最後でした!! なんかもうSSとしてはどっちつかずすぎて。とりあえず小説家になろうには投稿できない……。のに、こうして読んでいただけて本当にうれしいです、ありがとうございます><

 江戸ぐらいまでは一応あったらしいですが、江戸になるとやったりやらなかったり、身分(職業?)にもよりけりというか、ちょこっと変わってきたみたいです。不思議ですよね。いまは白い歯命! みたいなとこあるのに。でも肌にしてみても、こんがり焼いてるのがよしとされてみたり美白ブームになってみたり、最近でも色々あるっちゃあるですね……世の中って不思議。

 エラン、追いかけていただいてるんですか!? うおお、意欲倍増です、もりもり書きますーー!!><
光太朗 URL 2008/10/30(Thu)10:42:13 編集
>美緒さま
↑すごいかわいい女の子を想像(笑

うああ、ありがとうございます! なんて丁寧な感想!! 『吉永さん家のガーゴイル』って聞いたこともないという(笑 いかんですねえ、そういうのって損ですよね。気をつけ……気をつけようがあるのかどうか; 検索でもすればいいのか。うむ、気をつけます! というかまたあったら指摘していただく方向で!(笑

さ、参考になどと恐れ多いですが><
じゃあついでに自分でダメだしするのでよかったら参考にしてみてください(え、ダメだしを?

えっとですねー、まず何を軸にしているのかが曖昧。ソニアがもっと徹底的に悪い子で、この子の良くない行いによって妖精が出現、という流れに持っていくのならばオチもいきてまとまりも生まれるのですが。妖精の存在も希薄。彼は単純によかれと思ってやっている、それはそれで良いとしても、そこが強調されているわけでもないので面白味に欠ける。さらに、「ぶらっくわん」という企画ありきのオチなので、わからないひとにとってはニヤリ半減。ついでにお歯黒って何、という場合はわけがわからず。そんでもってブログ掲載を最初から意識しているので、描写削り気味なうえ、セリフの前後改行も最初から意識しているため、これで行間詰めたら不自然さがあること請け合い。(なんか散々いってますが、特別に自分を貶めたいとおかそういう趣味じゃないですよ!!

等々。けっこうキリがないですがいっぱいあります。わかっててなぜ直さないのかといわれれば…ええと気力とやる気の問題です(汗

いやはや小説って難しいですねー>< でもそこが楽しいんだ! お互い頑張りましょうね!!
光太朗 URL 2008/10/30(Thu)10:52:10 編集
笑った~
もうぅ、光太朗さん大好きーっ(←ものすごく癒された
ほっと安心。頭にサクサク入る文に和みました。
なんか難解なものばかり読んでたので 涙。

お歯黒でぶらっくわん、なんですねw
すごいなー。こーゆー短いのサクッと書けたらいいんだけどな。

あれですね。
脳内では現在、光太朗アバターにTバックとお歯黒が装着された状態です。
ヘアスタイルはどうしましょぅ 笑。

あ、バトンのとこ、コメント数がものすごいので遠慮したけど、
「おしゃれだなんて、光太朗さんたら///」
と、頬を染めてお花畑で踊ってました。サンクスですw

オトハ 2008/10/30(Thu)12:42:20 編集
無題
お初にお邪魔します、先日は我が家にお越しいただきましてありがとうございましたっ(ぺこぺこ)

SS読ませていただきました。
おもしろいし読みやすいし、オチが予想外ですごく楽しかったです♪
まさかお歯黒→ぶらっくわんとは!(笑)
光太郎さん隠れファンとしては、本番も楽しみにしております。

あ、ついでに、クイズに正解したことをここでさりげなくご報告させていただいちゃいます(笑)勝ちましたー!
あるみ URL 2008/10/30(Thu)23:16:14 編集
>オトハさま
うわはーいっ、癒し! 癒し提供できちゃいましたか!! やったぃやったぃっ>< ありがとうございますっ!
難解……というとSFですよね。お疲れ様でした>< せっかくなので、この機に未知の世界SF作品を読んでみようと思いつつ……思いつつ……もにょもにょ。
お歯黒でブラックワンなのです! そんな阿呆な思いつきでした。思いつきだけで心にしまっとけばいいものを、そういうときに限ってなんかちょっと時間あったりして。世の中ってそんなもんですね。

えええっ、私、Tバックかつお歯黒なんですか!(笑 速攻で引っ捕らえられるスタイルなんですが! か、髪型は……マゲ?(笑

おおう、バトン! お気遣いありがとうございます>< オトハさまはおしゃれさんイメージです。あ、あのぅ、二人っきりのデートの予定だったんですが、ある方が参加表明を……ど、どうします?(笑 ←まだまだ続くデート妄想
光太朗 URL 2008/10/31(Fri)10:21:35 編集
>あるみさま
おおう、いらっしゃいませーー!! 変幻自在のあるみさまではありませんか!! うきうき、うきうき>< はわ、ご、ご丁寧なご挨拶を……えええと、本日はお日柄もヨロシク!(←ムリ

SS読んでいただけたのですか! ありがとうございます>< オチは……すんませんあんなオチでした(苦笑 ブラックワンってみなさん何を連想されるのでしょう。本番が楽しみです。とりあえず現段階でお歯黒しか思いつかなかった私の未来はどーなるのか。それも楽しみです(他人事のよーに。
──って隠れファン! ファン!! ぐおおおっっ、ありがたき幸せーーー!! ありがとうございます、愛してます!!><

クイズ正解でしたか! おめでとうございます>< 私の出題がテキトーだったこともあり、正解者の方が少数派みたいです、どうやら。さあ、胸を張ってくださいまし!! そしてご近所に配りまくって、「えー、私わかったのにぃ~」とニヤリしてくださいまし!!(笑
光太朗 URL 2008/10/31(Fri)10:26:34 編集
TRACKBACK
TrackbackURL:
HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]