忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[285]  [284]  [283]  [282]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273
2017-09-23 [Sat]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009-06-11 [Thu]
ホラーというものが苦手です。
怖いです。怖いものダメです。もう全然ダメです。

そんなこんなでぼんやりSSです。
1500字くらいしかないです。

よろしければ!!

拍手[0回]


『見えざるもの』

 私には、聞こえる。
 私には、わかる。
 聞きたくない音。
 わかったところで、どうしようもないこと。
 人よりほんの少し、感覚が優れているだけ――幼いころから、そんなふうにいわれ続けた。大人になれば変わるかとも思ったが、それはより、顕著になるだけだった。
 こうして、結婚して十年になる夫の隣にいても――愛しい二人の子の寝息を、聞いていても。現実はなにも、変わらない。
 幸せな家庭は私の心に平穏をもたらしたが、けれど、それだけだった。
 こんな寝苦しい暑い夜には、ほとんど確実に――あの音を、私は聞くのだ。


「ねえ、起きて、お願い」
 夫の肩を揺さぶった。
 今日も日付が変わる直前まで働いていた夫は、帰るなり布団に寝転がった。あれほど好きな酒を飲む時間も惜しいとばかりに。
 彼が酒を飲んでいないことは、私にとっては救いだった。酒が入ってしまったら、いくら呼んでも起きることはないのだから。
「……なんだよ、寝かせてくれよ」
 不機嫌ながらも、それでも目を開けてくれる。私はすがるように彼の手をつかんだ。
「――いるのよ」
 一言、告げた。それで充分なはずだ。
 しかし、彼は動じなかった。ふぅん、とつぶやいたきり、また目を閉じてしまう。
「気にし過ぎだよ……害はないだろ。対策だってちゃんとしてんだから、忘れて寝ろよ」
「害はない、ですって? 対策ってまさか、あのちゃちな結界のことをいっているの?」
 私はいらいらと彼の瞼を押し開けた。起きて、と囁く。反対側で眠る子どもたちは起こしてしまわないように、それでもできるだけ、力強く。
「どうしようもないだろ。聞こえないと思えば聞こえないさ。実際、オレには聞こえない」
 なんて危機感のない男だろう――私は目眩すら覚えた。聞こえないからといって、本当に害がないなどと思っているのだろうか。いつ、子どもたちが危険にさらされるかわからないというのに。
「ねえ、そんなことないでしょう。あなたにだって、きっと聞こえるわ。ほら、去年のお墓参りのとき、聞こえるっていってたじゃない」
「あの山は特別だろ、一緒にするなよ」
 私は、ため息を吐き出した。黙っていると、もう話は終わったとばかりに、彼は再び寝始めてしまった。
 仕方なく、私も横になる。
 耳を塞ぎ、薄手の毛布を頭からかぶった。
 気にし過ぎといってしまえば、その通りなのかもしれなかった。実際、彼らがほとんどどこにでも存在するのは事実で、わかろうがわかるまいが、人間がその中で生活しているのも事実なのだ。
 ――けれど、それでも。
 私には聞こえてしまうのも、事実。

 私は瞳を閉じた。自分を守るように膝を曲げて、毛布の中でうずくまった。聞こえない聞こえないと、呪文のように唱える。
「……だめ」
 知らず、絶望的なつぶやきが、漏れた。
 やはりそれは、聞こえてきた。
 手を塞いでも、毛布をかぶっても、おかまいなしに。
「もう、我慢できないわ!」
 とうとう私は、決意した。毛布をはねのけて、立ち上がる。
「覚悟しなさい――! 安眠を妨害する権利なんて、だれにだってないのよ!」
 夜中だというのもかまわず、吠える。スーパーで買った結界のプラグを引っこ抜くと、戸棚から最終兵器を取り出した。
「無に帰してやるわ……!」
 夫が起きる気配がする。さすがに子どもたちも目を覚ましたようだ。だいじょうぶ、安心して。あなたたちは、ママが守ってあげるからね。
「おい、逃げるぞおまえたち。起きろ。靴を履くんだ」
「またなのー。やだよー、眠いよー」
「明日一限目から体育なのにぃ」
 家族の声に鼻で笑う。なにをいっているのだろう。一限目から体育などと、そんなことがなんの理由になるというのか!
「私は敵を倒すわ! それだけよ! 私たちの安眠のため、我が家の平和のために――!」
「うわ、ママ、それって……!」
「パルサンっ? それはやめるんだ、オイ!」
「うぅ、臭いッ」
 そう、これこそが最終兵器。害虫のみならず、人間さえ逃げ惑う最強最悪の文明の利器!
「一匹残らずやっつけてくれる! 蚊め――!」
 家族が外へ避難していく。白い煙の中、私はあの耳障りな音が一つまた一つと減っていく事実に、どうしようもない胸の高鳴りを覚えていた。
 








というわけで、久々の虫なんか大嫌いシリーズでした。
読んでくださった方がいらっしゃったら大感謝です><
主婦28歳のあの人の数年後とか。または親戚とかなんじゃないかと思います。
あの女と他人とは思えない!

比較的どうでもいいエピソードですが、昔、生命の危機を感じて目を覚ましたら、家の中でパルサンがもうもうとたかれていました。
母が出勤前にセットしていったのだそうです。もちろん害虫駆除のため。
一緒に駆除されるかと思いました。あれは本当に、キツイよ……!!


というか何やってんだ!!! なにうっかりSSなの!!
チョコボレーシングとかやってる場合でも、蚊を憎んでる場合でも、なーい!!
くぁ!!!
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
途中まで…
ゴッキーのことだと思ってました。たぶん私の天敵だからでしょう(^^;)

仕事帰りの電車の中で読んだのですが、にやけそうになる顔を、必死で押し殺しました(笑)

面白かったです~( ´艸`)
愛田美月 2009/06/11(Thu)19:49:58 編集
>愛田さま
わあい! ありがとうございます! お仕事お疲れさまですーー!!
寝てる間にゴッキーの音だけ聞こえてくるとか怖すぎます……!! ホラーすぎる!! そんな恐ろしいこと、想像もしたくないです!(笑

HPの方をいじってうどん食べて(いやうどんはどうでもいいですが)戻ってきたらコメントいただいていて、とても嬉しかったです>< 早業!! ありがとうございました><☆
光太朗 URL 2009/06/11(Thu)20:16:35 編集
もしかしたら、とは思った
蚊、あるいはGキか、とは思いましたが大当り。あれって気になりだすと本当にうっとうしいですよねー。特にうとうとした時の蚊の羽音。
昆虫といえば、先日ムカデに腕をアマガミされました。かゆいた。
気をつけて下さいな。
平隊員T 2009/06/11(Thu)22:17:11 編集
夜中にぷぷ(*≧m≦)
ある意味ホラーですな。
丸々肥ったアイツをバシンっ!なんて叩いた日にゃ、掌血まみれになるもんね♪

先日、アイツよりとーっても恐ろしいヤツと格闘しましたよ。
顔面からして、あれは地球外生命体だと思ってしまう、イカついヤツら。
イカつい顎がカシカシいって、あの羽音を聞いただけでも身の毛がよだつヤツら。
その中でも二番目にデカいヤツでした。
 
 
 
さて、地球外生命体だと思ってしまうアヤツらの正体は……
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キイロスズメバチ。
 
 
 
いやあ、マジで怖かった!
もちろん、反撃をかわしつつ、ゴ○ジェットでご臨終していただきました。
合掌(-人-;)ナモナモ
ご臨終してもらわないと、こっちの命が危ないからね、特にスズメバチ系は。
 
アヤツらは反撃してくるので要注意。
あ、虫ダメな人には身の毛がよだつ話か。
剣崎 2009/06/12(Fri)02:56:26 編集
そっちですか!
冒頭からGだ嫌だ嫌だ~!と思って読み進みめていたのですが、そっちでしたか~。嫌ですよねえ、蚊の羽音。
栄養満点だからか美味しいからなのか、私は家族の誰よりも刺されます。今年も結果で戦うぞ!
それにしても、光太朗お母さま…(笑)光太朗さんが無事生還されて何よりです…!
あるみ 2009/06/12(Fri)08:19:37 編集
★れすれすです。
>平隊員Tさま

 あの羽音ってたまんないですよね!(という言い方をすると絶賛してるみたいにも見えていやだ/汗  なんなんでしょう、だんだん幻聴も聞こえてくるみたいな錯覚に。もういないはずなのに聞こえる羽音。羽音。羽音……キシャーーーーーー! イヤーーーーー! 窓だって開けてないハズなのに、みたいな状況で! やつらはいつの間にかいるんですよ! うぅ!!
 ──って、ムカデですか! それはもう目撃した瞬間に意識とんでそうです。勘弁してください。キシャー。


>剣崎さま

 そうなんですよね、血まみれになるんですよね>< 血まみれ自体いやなんですが、「ということはこれだけやられたのか……」みたいな事実認識がまたいやなんですよ……ああ……。

 ──ちょ、ちょっとそれ、どんな恐ろしいエピソードですか!! どんなバイオレンスな状況ですか! 想像だけで泣きそうですけど!! 本当に死んじゃう!! 視界に入っただけで悲鳴あげて逃げる自信があります(前科あり。 怖い、本当に怖い! ジェットで応戦ってものすごい勇者!!! か、勝てるものなんですね……!? うわあん恐ろしいー! 先日テントウムシから全力で逃げた私はこれ打ちながら本気で泣きそうというどーしょーもなさです>< 勇者さま素晴らしいです。スズメバチとか目撃したら真っ先に脳内で頼りそうです、勇者さまー!><


>あるみさま

 ひーえー! ぃーやーめーてー! Gじゃないですよ、そんなホラー本当に勘弁してくださいッ>< Gの出現で失神したことがあるぐらいヤツがダメです、本当にダメです! 光太朗家にはおびただしい数のG対策グッズがセットされてます……って、そろそろ買い換えないと……やつらが来る……来る……!! 私も昔から、教室でふつーに授業受けてて自分だけ刺されてる、みたいな人種でした。昨日もうっかりやられました。蚊めっっ。
 お母様はまったくもってお母様です。そんなことがあってもあんまり強く言えないわたくしです。あれをセットされたときの虫のツラさを代弁できる人間ってあんまりいないんじゃないかと思います。貴重な体験でした。
光太朗 URL 2009/06/12(Fri)09:21:48 編集
Gかとっ><
あの音を聞いてしまったら、眠れませんよねー>< そうだ! きっと主婦28歳だ! 親戚の線も。そっくりだ~兄弟かも?(笑
Gの目撃者もつらいけど、あの音はねぇ。。。耳元でしたら、慌てず騒がず、耳すれすれの辺りを「どばーん!」って下に叩きつけるように叩くとヤツの音が消える可能性は高いですよ♪
あと、友人いわく。カーテンなどにくっついている場合が多いそうです。

ああ、そういえば。オオスズメバチが窓と網戸の間にどうしてか挟まっていて、パニックになった記憶があります。
でっかいですね。。。初めて見るでっかさでした(涙 アゴなんかばっちり見えたし。おおおおそがいっ><(おそろしいの方言
あかさと 2009/06/12(Fri)11:14:52 編集
無題
 ヤツらは確かにうるさいですね、夜中にその存在に気づいた日にゃ、一向に眠れなくなる。
 跳ね起きて、電気つけて、退治したくなりますね。

 ぶっちゃけ、途中まで素直に読んで、ホラーだと思ってました。ただ、子供達が危ない~のあたりから、光太朗さまクオリティを思い出し。
 あ、これは蚊だな、と(笑)。
 しかし、どうしてこんなSSでも、これほどまでに高レベルなんだろう、尊敬します。
針井 2009/06/12(Fri)12:28:57 編集
プーン……
わかる!わかるよ奥さんその気持ち!!(笑
初めはホラーなんかなぁとビクビクしつつ読んでましたがまさかの内容にすっごい笑いました(*´∀`*)
私も夏になるにつれてうざくなるあの音だけは無理!もーイライラするしかゆいしで!蚊、撲滅うりゃりゃー

今年はあまり蚊がいないなと思ってましたが、もうじき大量発生しそうでなりません。その時はわたしも奥さんの秘密兵器パルサンを出陣させます(笑
AYAKA 2009/06/13(Sat)00:16:46 編集
★お返事です!
>あかさとさま

 寝られませんよねー! あの音のパワーってばすごいです。耳をふさいでても聞こえてくるってすごい。あれ聞いちゃうと幻聴にまで発展してもうダメです><
 主婦28歳と同じ何かを感じていただけましたか(笑 嬉しいです、やっぱりそうに違いないと再確認!! なるほどカーテンというセンは考えたことがありませんでした……じゃあ結界はカーテン付近にはるか……。

 オオスズメバチーーー! うわああ!! どうしてそうバイオレンスなエピソードがあるんですか>< 恐ろしいです……!!! おそがい、は知らなかったです!(笑


>針井さま

 煩いですよね!! ヤツらの出始めとかだと、うっかり結界を切らしてたりするわけです。そうなるともう徹夜するしかないという……!(やりすぎ。
 皮膚が弱いので、一カ所やられると大惨事になるんです。ものすごいふくれあがる。天敵です><

 おお!! ホラーだと思ってくださいましたか!! ここまでいただいたコメ、もうみんなバレバレだったのにっ>< 嬉しいです、神じゃー!! そ、そんな高レベル、でしたか!? いやはやいやはや……恐れ多い>< でも素直に嬉しいです! これからも虫へのアツイ思いをつづっていきます!(笑


>AYAKAさま

 奥さんに共感しちゃったー!(笑 これはもう、パルサン用意しとかなきゃですね。将来結婚するとき、嫁入り道具にはぜひパルサン数十コを加えといてください(笑
 ホラーだとびくびくしてくださったなんて! 貴重です、嬉しいです、ありがとうございます!! そして笑ってもらえたー! わあいっ><
 あの音もですし、あの存在そのものがもういやでいやで。山とか入ると嘘みたいにデカイのとかいますもんね……!! 撲滅じゃ! うりゃりゃ!!
光太朗 URL 2009/06/13(Sat)20:52:40 編集
TRACKBACK
TrackbackURL:
HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]