忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115]  [114]  [113]  [112]  [111]  [110
2017-05-30 [Tue]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008-07-11 [Fri]
もう寝ようと思ったんですが。

寝る前に漂ってたら、ついに、ついに……!! な大事件があったのでお知らせです。


例のカオスなリレー小説を覚えておいででしょうか。
ピングーとかキャラ弁とか虹色アイスの例のあれです。

完結しました!!!

蜻蛉さま宅、

鏡に写る我が醜貌

該当記事は、コチラ:http://mutouharuki.blog.shinobi.jp/Entry/612/




すんげえおもしろいです。
バトンを発掘してくださった愁真さまには、作家陣全員で謝るべきだと思いました。
明らかにカオスの意図がなかったことの伺える書き出し。
なぜ、こんなことに……
ビヨンセのあの御方からすでに方向性が決まり、ピングーのあの御方で揺るぎなきモノになった感がありますが、なんだかんだいって「だが断る」あたりから最強になった気がします。
序盤で参加したので、ずっと追いかけていました。とってもとっても楽しかったです。

あーーおもしろかった!!
参加した方、未読の方、要チェキ☆

拍手[0回]

PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
お礼参りはしたが(汗)。
> 愁真さまには、作家陣全員で謝るべきだと
(-”-;)(-”-;)(-”-;)(-”-;)(-”-;)(-”-;)(-”-;)
言えてますな…。
愁真サマのHP掲示板にお礼参りはしたのですが、
お詫びは一言も言うちょりませんでした。
きっと絶対蜻蛉師匠が華麗に美しくまとめて下さるだろうと信じていたので。

あのオチかよ!
最後までpi――ッッッ!!!(自主規制)

この場を借りて、ゴメンナサイ、愁真サマ。orz
でも、ぶっちゃけ…かなり面白かった。ww
藤夜 要 2008/07/11(Fri)09:04:05 編集
マイコーとステハニー
皆さん、あの「ドゥッドゥー」が好きなんですかね?
青蛙さん、ぼくにバトンぶつけたのがあかんかったんよ?ビヨンセにピングーくっついたせいで、列車は路線を超えて、光の海へ!
そういえば途中夏ホラーの告知が入ってましたね。
バトンならでは。
ワロタ。

ついでというのもなんですが、蚊ガール読みましたよ。大量虐殺か、そうか。ベープやノーマッドは、あれらにとって大量殺戮マッスィーンなんですね。
とりあえずノーマッドに手を合わせておきます。
なーむー……
うちにも来ないかな、蚊ガール。
ごん 2008/07/11(Fri)09:44:32 編集
無題
見ましたー!!
とうとう完結、大団円!!
腹がよじれるくらい笑いましたーー!!
思わず蜻蛉さん宅にコメ残しちゃうぐらい衝撃的でしたww
あー面白かった。リレー小説ならではの捻れっぷりが最高でした。一人だけじゃ絶対あんなストーリー展開思いつかないですよねw
さて。ひとしきり笑ったところで現実生活に戻っていくかね・・・。(哀愁の背中
卯月 2008/07/11(Fri)10:04:40 編集
おじゃましまっす
ハッピーエンドで良かったですよね。
って、あれって呪いのバトンじゃなかったんですか?(そういえば一番初めの文はまともっぽかった?)
でも、楽しかったですよね? あははは^^←あのオチへのきっかけを作った張本人(笑
北加チヤ URL 2008/07/11(Fri)10:12:52 編集
横レス
卯月さん、是非アナタもネコミミ教にっ!
ぁぃ、アタクシ信者ですw
終盤のチヤさんのところで2回ほどしか出て来ていないそのキーワードを勝手にカタカナ変換してまで引きずったのはネコミミ信者だからですw

という事で、チヤさん。
あれはね、もうチヤさんや家に回って来た段階で呪いだったんですよ。
究極魔法でようやく終焉を迎えられてよかったっすよねー♪
チヤさんも試験前にお疲れサマでしたw←神にあのオチへのネタ振りをした張本人(ゲラ

光太朗さん、チャット化させてごめんなさーいっ(-"-;A
藤夜 要 2008/07/11(Fri)10:18:59 編集
ひとんちでコメレスごめんなさい
光太朗さん、チャット的コメレスごめんなさいー!
 
藤夜さん、いやぁ~自分の小説でも実はネコミミ使ってるので(なろうにはアップしてませんが)、蜻蛉さんの気持ちにリンクしやすかったですw
入信しちゃおうかな・・・はっ!ダメだ!ツンデレの神の声が・・・!
 
「もういいわよ!どこにでも行っちゃいなさいよ!べ、別に悔しくなんかないんだからね!あんたなんかクズなんだから、クズ!」
 
ああああああっ!すみません、ツンデレ女神様すみません。てゆーか女神サマがネコミミ着けてネコミミ神を名乗れば最強なんじゃないかと・・・
 
「バッカじゃない!?ネコミミは天然元気ムスメって相場が決まってるのよ!この知的なあたし達ツンデレ族があんなアーパーきゃぴるんアイテム生やすわけないでしょ!ネコミミ教徒にも失礼よ!神をも恐れぬ所業とはこのことだわ!」
 
うひぃぃぃぃ!!
もう全力で申し訳ありませんでしたぁぁぁ!!!
とゆーわけで宗教の鞍替えは難しいようです・・・・。
それにしても、リレーに参加した作者様全員と相互リンクさせていただきたいくらい面白かったですw
よければ皆様リンクをー!
卯月 URL 2008/07/11(Fri)10:47:27 編集
いやんぬ
締めをいただいた蜻蛉です。

あれですよね、皆様「ピングー」だとか「アフロ」だとか「ニジイロリトマス試験紙」だとか色々やってらして、自分のところで要さまがネコミミで回されたんで、やること一つだけでした。

もらったバトンを見事に自分色に染めてしまったことはもう今更なので謝らないもんねっ!(ぇ
いや本当は「石破ラブラブ天驚拳」とか色々考えてたんですが、面倒くさくなったのでハッピーエンドで終わらした感じです。

とりあえず全面的に愁真さまに著作権的なものをお渡ししましょう。それで許してもらうってことで一つ……(何
ところで、「僕と彼女と彼女の笑顔」っていうタイトルはどの辺に属されるんでしょうか。
タイトル「リトマス試験紙」で愁真さまに投稿してもらうしかないんじゃ……(ぇ

いやしかし、スーパーカオスバトン、面白かったです。またこんな機会があれば良いですね。あったらあったですげえ面倒くさいけどなっ!
蜻蛉 URL 2008/07/11(Fri)12:27:04 編集
無題
うわ~。

すごかった(笑)

最後のオチもよかったですし。

結構ちゃんと一つの話としてまとまるものですね~。それにしても人数の多さにびっくりです(笑)
愛田美月 2008/07/11(Fri)13:55:09 編集
コメレスう!
>藤夜さま

 いや、でもきっと、愁真さまは許してくださいます! …きっと!(笑 お礼参りって、卒業のときに生徒が先生にやるアレ!? とか思って愁真さまのHP見てきたらふつうに低姿勢でした(笑 とんだ勘違い;
 やー、やってくれました、蜻蛉師匠。大変なぐっじょぶです。突き進んでいただきました(笑
 本当にもう、終わってみればなるべくしてなったみたいなストーリー。リレーっておもしろい!! 愁真さま、またよかったら…(とかいってみる/笑

 ──って、なにネコミミ教ひろめてるんですか!?(笑 しかも心揺れてるし。わ、わたくしネコミミ教ではなくってよ!(笑
 く、でも少年がつけるならアリだ……(尾も必須。


>ごんさま

 ええまあぶっちゃけるとピングーがすべての(笑 でも楽しかったからいいんじゃないでしょうか! ナイスピングーです。ドゥッドゥー。
 夏ホラーの告知、ごくナチュラルに入ってましたねー。この何でもアリ感が大変よろしいです。ほんとおもしろかった…。
 蚊ガール、ありがとうございます>< 来たらどんなリクを!? あれですか、袴に薙刀!? なんてマニアックな>< うちんとこに少年が来たら、とりあえず半ズボンになってもらうかな…(変態。


>卯月さま

 そうなんですよ! まさかの大団円ですよ!(笑
 一人であのストーリー思いついたら天才っていうか、むしろちょっと心配になるラインですけども(笑 おもしろかったですよねー、リレー小説ってなんて素敵。ブログでやるからこそですよね、また。途中から呪いのバトンになってたし(笑

 ──う、卯月さまはまさかのネコミミ教信者だった……と思わせてツンデレ教か!(笑 ネコミミの小説ですとぉ…………ぁ、私も書いてる……(汗
 かのお方がツンデレの教祖ですので、蜻蛉さまがネコミミ教祖ってことで良いんですかね。どうなんでしょう。っていうかどうなってるんでしょう、「なろう」の実態(笑


>チヤさま

 違うんです、呪いのバトンではなかったんですよ、もともとは! もう二人目からビヨンセ、三人目に至ってはピングーでしたけど(笑
 チヤさまのはじけっぷりもまたすごかった……各々のパワーが結集された感じでしたよね。最高です。グッジョブでした、ナイス伏線、ナイスネタパス!!!
 楽しかったんでヨシってことで(笑


>蜻蛉さま

 教祖さま! いらっしゃいまし!(笑
 もうあれですね、基本的にみんなやりたい放題やって投げっぱなしでバトンパスでしたからね。時々心ある方が伏線回収に尽力してくれたんですが、それを上回るカオスっぷりが発揮されたりなんたりで、ラストはネコミミに行き着くという(笑
 く……っ、見たかった、石破ラブラブ天驚拳……でもわかる人少なそう;
 あのタイトルはですね、私が捏造したものなんですが、序盤ではけっこうあんな感じだったんです。少なくともバトルモノになるとは思わなかったんです(笑 タイトル「リトマス試験紙」。採用で行きましょう。
 愁真さま、みなさん好き勝手いってます。すみません本当に。
 やー、ほんとおもしろかったですね。これからもしこういったバトンがあれば、ラストかなーというタイミングで蜻蛉さまに回すので、お楽しみに☆


>愛田さま

 おもしろかったですよね! すごい大人数が参加しました。
 愛田さまが必死こいて伏線回収してくれて、爆笑しつつもきれーいにまとまりそうだったあの序盤が懐かしい(笑 でもおもしろかったんでアリです!!
 オチどおりに集まりたいです、皆で。そして責任の擦り付け合いを…(笑
 
光太朗 URL 2008/07/11(Fri)16:28:17 編集
どう考えても
さっき、蜻蛉さまのラストを見て感動の涙を流した蛙です。
全文がのっていたので、改めて読んで・・・・。
このカオスの元凶はどう考えてもビヨンセ、もとい蛙ですね・・・・。
 愁真さまはじめ作家さまたち・・・申し訳ない。
 なんでシリアスにしなかったんだぁ?
まあ・・・蛙なんかに回すから・・・・(謝った
口で愁真さまになんて事を!!)
ひゃあ面白かったですね。
青蛙 2008/07/11(Fri)16:50:16 編集
無題
今、拝見してきました~♪
実は、途中から見失って、しょぼ~んとしていたのですが…
すごかった! 人数ももちろんですが、なにこの面白さ!
ラストまで、勢いがついて、大笑いしちゃいましたよ~(///▽//)た、たのし~~~

追いかけ先さまにも、足跡残したかったのですが…いかんせん、へタレが足を引っ張り。。。
ブログならではの、醍醐味ですね~♪
あかさと 2008/07/11(Fri)16:58:50 編集
>青蛙さま
言い方を変えればあれですよ、このおもしろさはビヨンセがあってこそということでどうでしょう(笑 
おもしろかったんでいいんです、万々歳です。ナイスビヨンセ。序盤は誰々パートって書いてないんで、黙ってればわかりませんよ(いや、ばれるか/笑
光太朗 URL 2008/07/11(Fri)17:02:44 編集
>あかさとさま
あ、見失ってました? よかった、完結記念に紹介して。ちなみに私はぜんぶほぼリアルタイムで追っかけましたよ(笑
おもしろかったですよね、ほんと、ブログならではの醍醐味です。ナイス、リレー小説バトン!!><
光太朗 URL 2008/07/11(Fri)17:04:20 編集
まじでつか!
遂に完結したのですね!!
急いで見に行こう…


って、おおおーーー!
ネコミミが!!
ネコミミ神があぁ!
もう語彙もぶっ飛びの黒雛ですが、強烈な展開に感服いたしました。
愁真さまに謝罪>ホント、全員で謝罪すべきですね(笑

うはっ黒雛もこの場を借りて…ごめんなさい(´Д`)愁真さまっっorz

リレー走者の作家さまに乾杯☆
黒雛 桜 2008/07/11(Fri)18:24:15 編集
>黒雛さま
まじでつよ!! 読まれました??? 読まれましたね???? さあ、みなさん、ご一緒に、

ごめんなさい────><!!

という感じでほんと(笑
ネコミミです。だれが予想したでしょう、このネコミミなラストを。でも最高ですよね!!!
ほんと、リレー走者様方、かっこよすぎです。大乾杯です><
光太朗 URL 2008/07/11(Fri)18:29:46 編集
すげー
なんというカオス。あれですね。カオスを極めましたね。ラストがまさかあんなオチとは、これをなろうに投稿したら評価欄荒れるだろうなー(苦笑)

まあ、とりあえず。バトンを実際やってみて思ったのは二度とやるかってことですかね(マテ
俊衛門 URL 2008/07/11(Fri)18:39:04 編集
>俊衛門さま
極めてますよね。いまとなってはあのオチしか考えられないていうオチ(笑
評価欄! 投稿して評価依頼出しましょうか(笑 どーにかエッセンスを五千字以内にまとめて覆面参加とかどうですか、ぜひご検討を。

いやーなんだかんだいっておもしろかったね☆ なナゴヤカムードなのにっ(笑 またリレーがあった暁にはまわっちゃいますよ、きっと。呪い的な何かが(笑
光太朗 2008/07/11(Fri)19:32:47 編集
TRACKBACK
TrackbackURL:
HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]