忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[272]  [271]  [270]  [269]  [268]  [267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262
2017-09-23 [Sat]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009-05-07 [Thu]
みなさま、ありがとうございましたーーー!><

本日をもちまして、シャル祭り、正式名称「よろしければ名探偵シャルロット=フォームスン物語に関する何かを光太朗にいただけませんか祭り」、一応の終幕です。


イラストにて参加していただいたのは、

愛田美月さま、青蛙さま、伽砂杜ともみさま、阿蒼瀬名(緑茶)さま、AYAKAさま、あるみさま、いーじーさま、かみおさま、黒雛桜さま、こーたさま、碧檎さま、nicoさま、早村友裕さま、 P/15さま、ユイさま(五十音順!)

以上15名の絵師さまです。どれもこれも鼻血モノの素敵イラスト、本当に大堪能でした。ありがとうございました><


SSでは、

愛田美月さま、桐谷瑞香さま、高田高さま(やっぱり五十音順!)

の三名の作家さまです。雰囲気のみで突き進む感のある本編なのにもかかわらず、素晴らしいSSを書いてくださいました。ありがとうございました!

いただいたイラストもSSも、シャル連載中に何度も何度も見直して、癒され幸せいただいて>< これからもガツガツ見ます。見まくります。エランももちろん見まくってます。


尚、負担になってもいけないという思いから一応の終幕としますが、まだ参加予定の方々がいらっしゃいますので、いただき次第ドドーーンとしたいです!
イラストは、拓平さま、田中M氏さま、夜天夕羽さま、ノラさま。SSは、ブログでご存じの方も多いかと思いますが、灯月さまの大作が進行中ですので、いつかきっと!

とはいえ、M氏さまからはすでにジョニー番長の漫画をいただいているので、それが祭りのページにお引っ越しするかもです。
そんでもってノラさまは、たぶん、リアルがお忙しいのだろうと……事情があると思うので、ここでお名前出すのもよくないかとずいぶん悩んだのですが、ネット上とはいえ会えなくなったからオシマイ、というのも寂しいと思ったので、一応……──ですが、もしここをご覧になっていたら、ええと、いつも想ってます、とうまくいえませんがこの気持ちを。催促では決してないです。




そして、期間中にやっておりました、


シャル人気投票、
結果発表────!!!



遅ればせながら! アンケートフォームとweb拍手から投票していただきました><

それでは、第三位から。
ダララララララ、ダダン!

第3位 エリスン=ジョッシュ

まさかの浮上、第三位に名探偵シリーズの曲がりなりにもヒロインランクイン!!
もしかしたらこれっていわゆるツンデレなのだろうかと思いつつ、基本デレないのでよくわかっていません。ゴージャスなヒロイン、第三位オメデトウ!!
一言いただきたいような気もするのですが、なにやらいたく不本意らしく、インタビューに答えてくれそうにありません。怒らないで、エリスン。


そして、第二位!
ダララララララ、ダダン!

第2位 シャルロット=フォームスン

ここで来ました、我らが名探偵!!
彼の名推理を考えるのはけっこう苦労しました(そんなことはどうでもいい。
単なる阿呆と思わせつつ、ラストで微妙にそうでない一面を見せたりしましたが、基本は単なる阿呆。
私だったら、こんな上司は、絶対嫌だ!(力強く。
こんな探偵に依頼するのも、嫌だ!(さらに力強く。

そんな名探偵ですが、みなさまのイラストを見ると急に愛がむくむく。
ビジュアルいいけど頭が残念、それでも第2位、おめでとう!!
一言いただこうと思ったんですが、自分が1位だと勘違いしてバカ笑ってるとこなので、やめておきます。


そしてそして、堂々の第1位!
ズダダダダダダダダダダダダダダダダダダダ────ズダダダダダン!!

第1位 ジョニー

ご存じ、白くて丸くて浮いている謎の生物、蓋を開けてみればけっこうな大差で第1位!
続々では家族構成がかいま見えたり、ムッキムキになったりと、ファン減少が懸念されましたが、そんなことはどうでもいい! つぶらな瞳の彼が、見事第1位でございました。おめでとうー!!
一言聞きたいんですが、なんていわれるかは目に見えているのでやめておきます。




そんなこんなで、人気投票結果でございました。
シャル祭りに参加してくださった方、見ていてくださった方、シャルを読んでくださった方、皆々様に心からお礼申し上げます。
夢のような時間を、本当に本当に、ありがとうございました。





で。
本編は終わりましたが、続きでSSです。
AYAKAさまにいただいたイラストで、マーメイドエリスンな外伝。
「微ラブ」で……ってことなんですが……どどどドキドキ><

よろしければ、ご覧ください。
イラストも続きで!!



拍手[1回]



いただいたイラスト、どどーーん!!





微ラブっていうか…………!! 鼻血っていうか!!
助手がモロ襲いかかってる感じがたまらんです。マーメイドなエリスン。

このイラストを元に、シャルとエリスンで外伝的なSS書きました。もちろん、本編は関係ありませんー!





『金ボンとマーメイド』


 その海には、美しい人魚が住んでいた。
 美しくも、ゴージャス。金の髪に青い目、ぷっくりとした唇を持ち、好きなものはズバリ「キラキラしたもの」――人魚の名は、エリスン=ジョッシュ。

 彼女はある日、海におぼれる人間を助けた。
 沈みゆく彼を見かけたときには、鼻で笑った。こりゃもう無理だな、と。
 しかし、気づいてしまった。気を失う青年の、輝くほどの美しさ。金に近い、明るい茶の髪。瞳は閉じられていて、水塗れた頬は透き通るような白。
 青年の外見はまさにエリスンの好みど真ん中で、エリスンは人魚界の掟に逆らってまで、彼を助けた。
 ちょっと、ロマンスを期待した。
 しかし、助けた彼と恋に落ちてハッピーエンドなどと、所詮は物語の中の出来事。

 青年を助けたことを、エリスンは心の底から後悔していた。
 彼は、外見こそ美しいが、中身が非常に残念な仕上がりの、金ボン――人魚界の流行語で、金持ちのボンボンの意――だった。

 

   *

 

「いい加減にして、っていってるでしょう! 迷惑なの、迷惑!」 
 沖合の岩場では、今日も青年が待ちかまえていた。
 青年は、シャルロット=フォームスンと名乗った。どうやってかエリスンのお気に入りの場所を調べあげ、彼はほとんど毎日エリスンに会いに来た。
 今日も例外ではない。ふつうにしていれば眉目秀麗なのに、わざわざ水泳パンツに麦わら帽子という出で立ちで、小舟を櫂で操舵している。
「はっはっは、こうして会いに来ているというのに、まったくつれないではないか! たまには、追い返す以外のせりふを聞きたいものだ」
 つれないどころか全力で拒絶しているというのに、シャルロットにはへこたれた様子がない。ふんぞりかえってバカ笑いを披露する。

 そのまま海中に逃げてもよかったのだが、エリスンは岩場に上がった。一度、きっちりと意志表示する必要がある。怒鳴ってばかりではいけない――穏便にいくことだって必要なはずだ。大きく息を吸い込んで、諭すように口を開く。
「ねえ、あなたあたしに嫌われてるのよ、わかるでしょう? わざわざ毎日、あたしによりいっそう嫌われるめに来ているの?」
「まさか」
 ひどく心外そうに、シャルロットが肩をすくめた。
「命の恩人であり、いまでは良き友人である君にこうして会いに来るのは、ごく自然なことだとは思わないか」
「その、ひとの話を聞かないところがまず我慢ならないのよ!」
 穏便計画、失敗。

 はっはっは、とこりもせず、シャルロットは笑った。
「君の照れ隠しは見ていて飽きないなあ。私に会えて嬉しいなら、そういえばよいではないか!」
「ギィ――――!」
 もはや怒りを表す言葉が見つけられず、エリスンは擬音を叫んだ。イライラを通り越すと、ギィーになるという新発見。
「人間とこうして接触するのって人魚のタブーなの。近づきすぎると罰を受けて、ニンゲンになってしまうのよ、冗談じゃない! あなたの存在そのものが、迷惑なの、うんざりなの! もう二度とこないでっ、わかった?」
 ビチリ、と尾びれを岩に叩きつけ、エリスンがいい放つ。
 さすがに勢いに気圧されたのか、シャルロットは黙った。
 長い沈黙を挟み、ふむ、とうなずく。
「よく、わかった」
 つぶやいて、櫂を手にした。では、と一礼し、小舟でゆらゆらと去っていく。


 拍子抜けしてしまうほど、あっけなかった。
 いつもならのらりくらりと逃れて、なんだかんだと居座るはずなのに。
 少しいい過ぎてしまっただろうか――そんな思いがかすかによぎる。しかしすぐに、エリスンは首を振った。
 迷惑なのも、うんざりしているのも、事実だ。それをその通り、伝えただけだ。
 小舟が小さくなっていくのを一瞥し、エリスンは海に飛び込んだ。

 

 

 そして、三日後。
 エリスンは頭を抱えた。
「……見事に二日しか保たなかったわね」
 岩場には、水泳パンツと麦わら帽子の青年がやってきていた。まったく悪びれた様子もなく、不安定な小舟の上で仁王立ちしている。
「この二日間、寂しい思いをさせてしまったね。本当なら昨日も一昨日も来たかったのだが」
「あたしのいったこと、全然ちっとも一欠片もわかってないじゃないのよ……!」
 この平穏な二日間はなんだったのか。エリスンは空気の読めない金ボンを睨み上げた。
 しかし、ごく平然と、シャルロットは肩をすくめてみせる。
「はっはっは、本当に私に会いたくないのなら、こうしてこの岩場に来ることもないだろう、エリスン君?」
「――ッ! そういうの、自意識過剰っていうのよ! いますぐ、お気に入りスポットを引っ越すことだってできるわ……!」
「ふむ、引っ越しか」
 シャルロットの表情に、ふと影が差した。
 エリスンを見つめ、寂しそうに笑う。

「実は、私の両親の事業の関係でね。拠点を隣国に移すことになった」
「……なんですって?」
 エリスンは眉をひそめた。
 ゆっくりと、その意味を考える。拠点を隣国に移す……それはつまり、
「もう、あなたに会うこともないってことね?」
 キラキラと瞳が輝いた。
「はっはっは、そんなに寂しいとは」
 話がかみ合わない。

 けれど、これが最後だと思えば、多少寛容になれた。エリスンは悲しそうな表情を作って、両手を組む。
「あちらに行ってもどうかお元気で。オブラートに包んだ婉曲表現だけど、あたし、とっても清々するわ」
「オブラートを取り去った表現が気になるところだが、いつもの照れ隠しだと受け取っておこう」
 それでもシャルロットには響かない。エリスンの心に、ちょっとした意地悪心が芽生えた。
「ねえ、あなた――あたしが人魚で珍しいから、こうして来ているんでしょう? 友人だなんてウソ。あたしを懐柔して、どこかに売り飛ばすつもり?」 
 そんなことをいってしまったのは、やはりこれが最後だと思うからかもしれない。存外に悪意の含んだいいかたになってしまったことにエリスン自身が驚いたが、シャルロットはもっと驚いたようだった。目を見開いて、首を左右に振る。
「君は――私のことを、そんなふうに?」
「ニンゲンって、みんなそうでしょう? 掟をやぶって強欲なニンゲンと接触したあまり、誇り高き人魚の姿でいられなくなった仲間たちの話を、たくさん知っているわ」
 冷たくいい放つ。シャルロットは黙った。

 彼の表情が傷ついていることに、エリスンは気づいた。これが最後なのに、そんな顔をさせたいわけではない――理性が告げるが、裏腹に、勝手に口が続ける。
「少しでもニンゲンと慣れ合ってしまったこと、後悔してるわ。じゃあね、向こうでも、元気で」
 そのまま逃げるように、海に飛び込んだ。
 懸命に帯びれを動かし、深く深くへ潜っていく。ニンゲンの世界の空気など、決して届かないほどの深くへ。
 待って、と青年の声が聞こえたような気がした。かまわず、進む。
 しかし、水音が響いて世界が揺らいだとき、エリスンはとうとう振り返った。

 輝く水面から、こちらに向かってまっすぐにやってこようとする、シャルロットが見えた。青の海を隔てて、ほんの一瞬、目が合ったような錯覚を覚える。
 彼はひどく真剣な表情で、手足を可能な限りバタつかせているようだった。しかし、一目で、エリスンは気づく。
 泳げないのだ。
 完全に、溺れていた。
「――あのバカ!」
 エリスンはすぐに水を蹴った。あっという間に追いつくと、最初に出会ったときのように、気を失った青年を片手に抱く。上へ上へと、浮上していく。

「どこまでバカなの!」
 岩場に上がって、エリスンは叫んだ。ぐたりとして動かないシャルロットを寝そべらせ、身体を揺らす。
 もともと白い肌は、いまは蒼白といってよかった。息も弱々しい。
 ニンゲンというのは、どうしてこう脆弱なのだろう――ひどい焦燥にかられ、エリスンはシャルロットの胸元に耳を当てた。弱々しい動き。このまま死なせてしまったのでは、あまりにも後味が悪い。
「こういうときは……どうするんだったかしら……ええと――」
 落ち着いてくれそうにない頭で、急いで情報を探る。そう、こういうときは、息を吹き込めばいいのだと、遠い昔に聞いたのを思い出す。

 息を――想像してしまって、エリスンの思考は停止した。
 それはひょっとして……おそらく、否、十中八九確実に、口から。
 めまいがした。
 けれど、迷っている暇はない。
 最初に見たそれと変わらない、美しい顔を見た。いまなら緑だと知っている、閉じられた瞳――まっすぐに通った鼻筋、少しだけ開けられた唇へと、順に視線を落とす。
 気持ちとは裏腹に、鼓動が速まった。
 人助け、これは人助けだと、いい聞かせる。一度助けたのだから、二度だって同じことだ。もう今後は一切会わないのだから、尚更。
 意を決した。
 息を吸って、そっと、顔を近づける。

 パチリと、目が開いた。
「――――!」
「誤解があるようだが――」
 溺れていたのが嘘のように、シャルロットはあたりまえのように口を開いた。とっさに身を引こうとするエリスンの背に手を回し、引き留める。
「両親の事業は拠点を移すが、私はここに留まるんだ。君に会えなくなるのは、耐えられないのでね」
「は、離しなさいよ!」
 彼の話す内容よりも、まるで抱きしめられているこの状況の方が、エリスンにはよほど問題だった。どうにか逃れようとするが、シャルロットの力は存外に強く、動くことができない。
「それと、人魚がニンゲンになる条件というのを、知っているかね? 私たちの世界では有名な話だ。君は罰といったが、ニンゲンに近づきすぎるというのは、つまり――」
「そんなこと、知るわけ……!」
 シャルロットはにやりと笑った。エリスンの身体をぐいと引き寄せると、続きを遮るように、口をふさぐ。

 抱きしめられ、エリスンは、条件が何であったのかを知った。 
 しかし、知ったところで、もう遅い。
「なんでもいいから、離して――!」
 二本の足をバタつかせ、必死に叫ぶが、シャルロットはいっそう腕に力を込め――――


 ――フォームスン家に美しい人間の娘が迎え入れられるのは、それから、すぐのこと。


 


 
   
**


い、い、いかがだったでしょうか>< ものすごいドキドキです……;
素敵なイラスト効果で、とっても楽しく書きました! AYAKAさま、改めまして、本当に本当にありがとうございました!


それでは、恐ろしく長くなりましたが、これにて。

ドロン!!!

PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
おつかれ様(仮
そっか、僕もシャルSS書いたんでしたか。忘れてた。

AYAKAさまのイラストは先に拝見しておりましたが、まさか二次創作的なもので来るとは。オモシロ。
海パンに麦藁が異様に似合うシャル。素敵です。
エリスンはファンタジー世界でも苦労を背負うわけですね。薄幸なこと。

それはそうと、シャッフル企画参加されるんですねー。楽しみにしてます。
平隊員T 2009/05/07(Thu)18:22:33 編集
とうとう
シャル祭り仮終幕ですか~。
ああ、イラストもSSも名前が載っててなんだか嬉しいような恥ずかしいような(ナゼ

たのしい祭りでした。参加させていただきありがとうございました。
AYAKAさまのイラスト美しいです。
愛田美月 URL 2009/05/07(Thu)22:18:06 編集
無題
シャル祭り参加させていただきありがとうございました。イラストとっても楽しく描かせていただけて嬉しかったです。
あ、それから完結おめでとうございます。また突然変な感想残しに行くと思います。

それから、イラストにもSSにもドキドキでした。鼻血ものです! 本編に関係ないのですか? ちょっと残念。
ではでは、楽しかったです!
碧檎 URL 2009/05/08(Fri)10:06:20 編集
無題
終幕なのですね~なんだか少し寂しいやら…でもすんごく楽しかったです♪ 参加できてよかったです~(///▽//
AYAKAさまのイラストにドキドキ!!! そしてなんだか超攻め気味なシャルにもドキドキでした!>▽<きゃーっっ
かっこいい! アレ? かっこいーよ!!←失礼 いやいや、シャルが実は土壇場でかっこいー感じなことは知っていましたとも!←おや。微妙?;
小説も読んできました! よかった! ラストの花の印象がすごくジーンときました。ああ、ジョニ父がまるっと理想です(笑 ジョニーさん1位おめでとーっっ!
伽砂杜ともみ URL 2009/05/08(Fri)11:47:33 編集
★レスです!
>平隊員Tさま

 そうですとも! シャルいただきました、2作もー! 読み返したりしちゃってます。二次創作、Tさまからはエランとヴァストークとシャルとでいただいててありがたいです。

 マーメイドな劇中劇にしようかなとも思いながら、いっそがっつりマーメイドで二次創作にしてみました>< 読んでいただけて嬉しいです!!! そーとービクビクで、いつもどおりチキンなので、「オモシロ」の一言に救われました。うわん。

 シャッフル、参加表明しましたーー!! 平田さま(もーなんて呼ぼうか/笑←とりあえず平田は間違い)も表明されてましたね。ご一緒できて嬉しいです、よろしくお願いします!><


>愛田さま

 そうなのです、なんだかんだと三ヶ月間ぐらいやってましたが、仮終幕! 両方で参加してくださったのは愛田さまだけです>< ありがとうございます!! 恥ず……恥ずかしくなんてないはず!! きっと!!

 参加してくださって、本当にありがとうございました。
 AYAKAさまの色っぺえイラスト、堪能してくださいー><


>碧檎さま

 こちらこそ、ありがとうございました!! 当初、これほど参加してくださる方がいるなんて思っていなくて、本当に感動でした。しかも、祭りをやったことで本編も読んでいただけて、ありがたいです>< 

 イラスト、ドキドキですよね!! うわあこれどうしよう的な!! そこにSSでドキドキものでしたが、SSにもドキドキといってもらえて嬉しいです>< でもメインはイラストです!(笑
 本編には……見えてないとこでがっつり関係しているかもしれません(笑
 楽しかったといっていただけて、本当に幸せものですー! ありがとうございました!! 


>あかさとさま

 終幕なのです>< 連載も(やっと)終わったので。メールフォームでの感想も、本当にありがとうございました! レスはいつもの位置にありますが、書ききれないほど本当に嬉しかったです。
 AYAKAさまのイラスト、とりあえず鼻血出すしかない感じで(笑  シャルには番外編らしく超攻めになっていただきました。本編後もこんな感じなのかもしれません。エリスンぴーんち!
「実は土壇場でかっこいー感じ」の表現に大ウケでした! 感じ、がついちゃった!(笑

 そ、そうか、ジョニ父があかさとさまの理想……!! なんだかものすごく納得です。息子がひょっとしたら白くて丸くて浮いてることになるかもしれませんが、いいですか(笑
光太朗 URL 2009/05/08(Fri)18:45:12 編集
きゃーっ(*´∀`*)
ついにシャル祭りも終わっちゃいましたね。ますます寂しくなりそうです(涙
そしてジョニーさん主人公のシャルやヒロインのエリスンを差し置いての堂々1位おめでとう☆ヒュイ!ちっくしょ、もっと早くにワンダフルが登場してたら絶対父ちゃんに投票したのに(笑

外伝、もうめちゃくちゃドキドキしながら読みました♪まさかあのイラストからこんなラブラブなストーリーが生まれるとは(*´∀`*)
攻めシャルにきゅんきゅんしまくりましたよー!ってかエリスンからしたら振り回されたあげく不本意ながらも人間になっちゃったんで、いい迷惑かもですね(笑
うわー本編後もしシャルがこう強引だと、さすがのエリスンも危うしですよね!でも、シャルに攻められ赤くなるエリスンだなんて・・・か、可愛い(殴

本当に、ドキドキをありがとうございました♪
AYAKA 2009/05/09(Sat)01:33:28 編集
お疲れ様でした!
冬に始まってから、あっという間に春になってしまいましたね。毎日のように素晴らしいイラストを見れていた日々が懐かしい……。SSを書いた記憶が遥か昔のように感じるのは何故でしょうか?

人気投票トップは何とジョニーさんでしたか! もう少し迷探偵が頑張っていると思ったのですが……、まあ続々シャルの最後はジョニーさん達にある様なものですから、主人公がトップじゃなくてもいいですよね!

そして美麗なイラストに面白いSS! シャルの行動が……最近またより一層予想できなくなってきました(笑)

ジョニーテンプレとも別れを告げて寂しいですが、新しいテンプレも可愛いですね。
楽しいひと冬を過ごせました。ありがとうございました!
桐谷瑞香 URL 2009/05/09(Sat)18:42:19 編集
>AYAKAさま
うわん、ありがとうございます>< 所詮シャルですから(褒め言葉/笑)またフラリと戻ってくることはいつでも可能です! 寂しがってもらえてありがたい!!!
わ、ワンダフルがいたら……親子でワンツーフィニッシュとかあったかもしれないですね(笑

外伝はもう、AYAKAさまのイラストのおかげで! 攻めシャルに!(笑 ←イラストのエリスン攻めから意表を突こうという心理が働いたという;
エリスンにとってはもう最悪でしょうね、人間になりたくないってあれほどいってたのに。でもきっとエリスンなのでなんだかんだシャル家で暮らすハズです。菓子作ったりしながら(笑

美麗イラストを、本当にありがとうございました! SSもかけて、しかもありがたいお言葉の数々、私幸せーーー!!>< 大感謝です!
光太朗 URL 2009/05/11(Mon)07:22:06 編集
>桐谷さま
あっという間に春……というかここんとこの夏的なアツサはどうしたことでしょうね!? 昨日は初めて半袖で過ごしました。いま(朝)はさすがに肌寒いですが><
SSをいただいたのは、けっこーな昔かも知れません(汗 ──確かめてみたら、桐谷さまに書いていただいたSSをブログUPしたのは1月23日でした。おおお、兄の誕生日だ。

ジョニーさんは、こちらとしてはオイシイ感じにトップでした! もうすぐマドレーヌも頑張ってくれたんですが、三位内には入らず。シャルといえば、な面々で嬉しいです。

人魚なエリスンイラスト、見ているだけでドキドキですよね>< シャルは、けっこう本編でもしつこいぐらいにほのめかしているんですが、普段の行動がアレすぎて皆(エリスンとか)からスルーされまくりです。自業自得ってやつです(笑

新テンプレ、かわいいですか? わあい、嬉しいです! やりすぎたかと思っていたので(汗
こちらこそありがとうございましたーー!! 祭り跡地で日々癒されます><
光太朗 URL 2009/05/11(Mon)07:22:29 編集
TRACKBACK
TrackbackURL:
HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]