忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
2017-06-25 [Sun]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2008-01-31 [Thu]
エランシリーズについて語ります!

思い入れはとってもあるのに、うちの子たちのなかでは極端にアクセス数が少ない(他のが多いってわけじゃなくて、相対的にね)シリーズです。
なぜでしょうね。独りよがりだから?(核心

シリーズっていってますが、具体的には

『大好きな妹へ』(1997)
『幸せのありか』(1998)
『とてもとても長い夢』(1998)
『加害』(2003)
『恋人』(2005)
『【ERRANT】(忘れられた魔女)』(2006)

という六編です。上五つは短編、最後の一つはもう最後のつもりで書いた長編。
基本的にはどこから読んでも問題ナシにはなってますが、上三つは『彷徨うもの、導くもの。』という題名で短編集として出しました。
外伝的なもので
『始まりの物語』(2000?)
っていう、主要キャラ出会いのエピソードがあるんですが、フロッピーにもデータ残ってないし紙ベースでも行方不明。完全に幻となりました。書いたってのが夢だったらどうしよう。

そもそも、人の死をベースにして描こうと思ったのが始まりです。
というか当時書いてた短編なんかで、大抵誰か死ぬなーと思ってたので、だったらそういうシリーズを作っちゃおう、と。
主要キャラは、設定段階では四人→悠良、莉啓、怜、翠華。
悠良以外はみんな男という逆ハーレム状態。
同時期に設定した「Lost Children」も男ばっかりなので、当時はそんな気分だったみたいです。

ただ、基本的にはゲストキャラにスポットを当てて、主要キャラたちはあくまで脇役的な位置づけで動く、という話なので、主要が四人もいたらやってられず、翠華さんは長編エランまで日の目を見ませんでした。というか、翠華を出すために長編を書いたといってもイイ。


コンセプトは、「そうだったのか!」(どんなんだ;
ちょっとでも期待を裏切る展開を、と思いながらストーリーを考えてた気がします。
私の中では、前期三部作、後期三部作となっていて、ズルズルと続けてきたシリーズなんですが、正直いって長編は失敗でした。ゲストにスポットを当てる、という軸がずれて、行間で語るってことが難しくなってしまったのです。こりゃ短編でやるもんでした。

第一話の「大好きな妹へ」、実はこれの漫画が手元にあります。
ある日突然届いたのです。小説を読んでくれていた友人が、こっそり描いてくれていたとのこと。
これがもうクソウマイ……!! 家宝ですよ。お見せできないのが残念。
「なろう」仲間の方がイラストをくださったりして、アクセス数低いわりにはそういうとこで恵まれてる作品です。これも家宝です。啓ちゃんへの愛がバリバリの美麗イラストが私のパソの腕の中に。ありがたいなあ。

そして! 今回、リンクしていただいた、拓平さまの
■□蒼天□■-soten-(拓平様)
にてキリ番を二度も踏んづけさせていただいたことにより、
怜と、フリフリエプロンの莉啓を描いていただけるという幸せなことに……!!
もう、絵柄ががっつり好みなんです。かわいいんです。ファンです。

なんつっても思い入れがあるので、いつか突然またシリーズ再開するかもです。

そしてそして、上記サイトさまで素敵なバトンをいただいてきました。
せっかくなので怜と莉啓にやらせます。 

拍手[0回]


『オリキャラペアバトン』

悠良「ペアってことは、二人でやるものみたいね。さ、莉啓、怜、二人で仲良くやりなさい」
怜 「なんで! 俺と啓ちゃんじゃおもしろくないじゃん、悠良ちゃんやろうよ」
莉啓「何故貴様と悠良がやらなくてはならないんだ。俺が……」
悠良「私は嫌。……二人がやるの、いいと思ったんだけれど。やらないの?」
怜 「そんな顔されても、やんない」
莉啓「やろう」 
怜 「こらー!」
悠良「さ、そこのソファに二人ですわって。私が質問を読みあげるわ」
莉啓「何をやっているんだ、はやくすわれ」
怜 「…………」

□二人の関係は?

悠良「二人の関係は、というのが最初の質問みたいね。どう? あなたたち、どういう関係?」
怜 「なんかやだなあ、その聞き方」
莉啓「何の関係もないな」
怜 「ちょっと、それはひどいんじゃないの」
悠良「仲が悪いけど、仲良しよね」
怜 「ナニソレ」
莉啓「仲が良いということは決してない」
怜 「啓ちゃん、言葉ってね、時として人を傷つけることがあるんだよ」

□相手はどんな人?

悠良「お互いのことを語り合うってことかしら」
莉啓「怜は……そうだな、控えめにいって、迂闊で空気の読めない阿呆といったところか」
怜 「控えめにいって!」
莉啓「これといって、褒めるべき点は見あたらない」
怜 「おまえそれ、控えなかったらどうなるんだ!」
莉啓「控えめにいわないとなると…………」
怜 「いやまて、いい、いわなくていい。啓ちゃんはねー、頭の固い料理上手で悠良ちゃん至上主義。まるで悠良ちゃんのパパみたーい」
莉啓「……(怒)」
怜 「怒るととっても怖いの☆」
悠良「あなたたち、どうしてお互いに喧嘩を売るの?」

□普段相手といるとき、どういうことをする?

悠良「二人でいるときってことね、きっと。どうなの?」
怜 「べつに、何も」
莉啓「何もしないな」
悠良「お互い、空気のような存在ってことね」
怜 「やめてそのいいかた!」

□相手と戦える? 本気で闘ったらどちらが勝ちそうですか?

悠良「これは私も興味あるわ」
怜 「俺もー。戦ってみる?」
莉啓「俺が勝つ」
怜 「うわ! なにを根拠に!」
悠良「でも、戦闘スタイルが違うから、簡単にはいかないんじゃないかしら」
莉啓「俺が勝つ」
怜 「おまえ、友だちなくすぞ!」
莉啓「いらん。特におまえはいらん」
怜 「がーん。な、涙で前が見えない……!」

□もし相手の性別が逆だったら、どんな関係になっていそう?

悠良「どういうことかしら。お互いに女性? どちらか一方が変わるってこと?」
莉啓「性別がどうであろうと、いまとさほど変わらないだろうな」
怜 「啓ちゃんは女の子だったら、いいお嫁さんになるよねー、料理上手だから」
莉啓「考えるのもばからしい」
悠良「……二人が女性だったら……だめだわ、想像できないわ。一緒にお風呂に入ったりしたのかしら」
莉啓「…………!」
怜 「あー、啓ちゃんヘンターイ。つーか悠良ちゃんも、同性っつーと発想はそこなんだ?」
悠良「変?」
怜 「んにゃ。まー想像できないってのは、俺も同意見」

□もし相手が突然いなくなったらどうしますか?

悠良「莉啓の答えは想像がつくわね」
莉啓「どうもしない。むしろせいせいする」
悠良「やっぱり」
莉啓「というか、なぜ貴様はここにいるんだ?」
怜 「え、俺全否定? 俺は啓ちゃんいなかったらやだなあ、おいしいご飯が食べられなくなる」
悠良「莉啓がいなくなったら、翠華がどこからともなく現れそうね」
怜 「……来そう! 空いた穴を狙って!」
莉啓「俺は悠良の前からはいなくならない」
悠良「怜の前から、って話よ」
怜 「俺も悠良ちゃんの前からいなくなんない」
悠良「仮定の話でしょ……まあいいわ」


以上!
ああ、楽しかった。ありがとうございました。
他キャラでもやってみようかなー。こういうの、楽しいなあ。
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
なぜ?
なぜ、その場にわたしがいないんだろう?!why?
悠良ちゃんの横でマイク持つ係りでもo.kだったのに!
 莉啓が女だったら・・・「はい、押し倒していますね。絶対」
 男だったら・・・「はい、押し倒してます!」
 ああ、面白かったです。またやってくださいませね。光太朗様! ブログにもちょくちょく遊びにきます!
青蛙 2008/02/01(Fri)21:51:37 編集
>青蛙さま
爆笑!!!
い、いやその前に、青蛙さまようこそいらっしゃいました! コメントありがとうございますっ><
で、そのコメントなんですか(笑 どっちにしろ押し倒しちゃった(爆笑 あーもう青蛙さんほんと大好きです。ツボです。これからも仲良くしてやってください><

じゃあ、この場でマイク持ってたのは青蛙さまってことでぜひ!(笑
光太朗 URL 2008/02/01(Fri)22:25:21 編集
怜啓ちゃーん!(まとめたー!?
どうも、バトン面白かったです。そしてサイト紹介ありがとうございます。

やっぱり三人の掛け合い面白いですね!
癒されるボケと突っ込み……最高ですよぉ。

こちらのリンクの方、貼らせていただきました。
後々記事で紹介します。今夜はリボーンを語ってしまったので><
HPにも載せておきますね。

キリリク、ご期待に沿えるよう頑張りますー!

では、失礼しますっ。
拓平 URL 2008/02/02(Sat)01:29:41 編集
>拓平さま
ごごごごめんなさい、了承を得る前にリンク張ってしまいました! そしてそのことにいま気づきました!!><
あわわわ。でもよかったです、ありがとうございます!
こういうバトン、楽しいですねー! また何かあったらぜひまわしてください!

キリリク、楽しみにしてますっ><
光太朗 URL 2008/02/02(Sat)01:32:43 編集
はじめまして!
 あぁ、どうしよう。訪問してみたけど、ここにコメントしてみていいのかな?

 こんにちは、針井龍郎です。シャッフル企画にご参加いただき、ありがとうございます。その節は、どうもお世話になってます。

 いいですね、こういうのも。面白いです。私も自分のブログでやってみようかなぁ、なんて思ったりして。『エランシリーズ』も、いずれ読ませていただきますね!

 シャッフル企画、頑張っていきましょうね! またお邪魔させていただきます。あ、よろしければ相互リンクお願いできませんか? アクセス数は少ないので、お力になれるか分かりませんが……。ご一考いただければ、と思います。

 長文、失礼しました。
針井 龍郎 URL 2008/02/04(Mon)01:03:53 編集
えーと
 何か最終話を読んだらまたまた莉啓様を描きたくなって描いてしまいました。ちょっとリアル系になってます。
 髪もちょっと乱れ気味・・・何があった莉啓!
あの両生類に何かされたのか・・・風味。(長ッ)
 良かったら見てくださいませ。アップは例の場所です。
 
青蛙 2008/02/04(Mon)20:30:55 編集
>針井 龍郎さま
わあ、ありがとうございます! ようこそいらっしゃいました!!
シャッフル企画、楽しみですねー! どんなキャラが来るのかわくわく。バレンタインが参加しめ切りですよね。うきうきとお待ちしてます><
このバトン、フリーみたいですよ。よろしければやってみてくださいww

ブログお持ちなんですね! ぜひ、相互リンクお願いします。私もちょこちょこ遊びに行きますね。
光太朗 URL 2008/02/05(Tue)00:18:27 編集
>青蛙さま
がっはぁ! リアル莉啓が…! ふつうにそこらを歩いていそうな莉啓が…!! なんですかこのそこはかとない色気! やばい!!! その顔で料理作られたらやばい!!!!!(何が/笑

うわー、もうほんと嬉しいです。いつもありがとうございます。
そんなことをしてくださったら愛が再燃で続編書きそうですね、これ…。書いた際には必ずお知らせしますね><
光太朗 URL 2008/02/05(Tue)00:21:08 編集
TRACKBACK
TrackbackURL:
HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]