忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[346]  [345]  [344]  [343]  [342]  [341]  [340]  [339]  [338]  [337]  [336
2017-10-20 [Fri]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-02-15 [Mon]

『クレアトゥールの子どもたち』について、語ります!

ここんとこその話ばっかりなので、今更かと思いつつも諸情報。

【あらすじ】
境界によって二つに分けられた世界──掃除屋の少年の元に、ひとりの少女が現れる。
少女は、「わたしを愛してください」と要求するが……。
背負わされた運命と、真実への道を描くシリアスファンタジー。

原稿用紙換算約330枚 104,652文字

【URL】 
光太朗小説処ver
http://kakikukekotaro.dokkoisho.com/anfan/anfan_index.html

小説家になろうver
http://ncode.syosetu.com/n5088i/

 

えーと、たぶんたいしたネタバレは書かないんだろうなと思いますが、これから読もうと思ってるよ、という方がもしいらっしゃいましたら、スルーでお願いします>< 
もちろん、これからも読まないから問題ないぜ、という方、読むかも知れないけどネタバレとか気にしないぜ、という方はどうぞどうぞです。

※書き終えてからの追記!
 ストーリーに関する重大なネタバレとかとかそういうのは結局ありませんでしたー!><


 


***

 


えとー、何から書こう。
今回、私の中で決めていたことがありまして。それは「視点の切り替えをしないこと」でした。そんなわけで、最初から最後まで、ずーーっとフェーヴ(主人公)視点の三人称です。

長編の場合、いままでは視点の切り替えを織り交ぜつつだったのですが、今回はスタンダードに、というか、基本を守ってみよう、というか。修行の意味合いもあり、こんなことに。
一章あたりまでは、フェーヴ視点だったりショコラ視点だったりで書いていたのですが、途中でそれは全部ボツ、最初から書き直しました。フェーヴやショコラをこちら側とするなら、あちら側(敵対する側というかなんというか)、それをフェーヴ視点のみで描写するというのは思ったよりも大変でした。なんせ今までの小説ではあちら側にもけっこうがっつりスポットライトをあてる書き方をしていたので。慣れの問題もデカイ。
それだけじゃなくて、スピラーリたちとか……町の人々とか。そういう方面にズームするのが難しい、というか、別に難しくはないのだけどこれでちゃんと読んでくれる方に伝わるのだろうか、という不安があったりなんたり。どちらかというといろんな登場人物の心情を重視していきたいのに、それがなかなかできない。模索しつつでした(いやまだ模索中か。

視点切り替えなしで書ききった今でも、不安です。
イビト協定なんかは、やりすぎだろって感じに視点が交互しますが。エランシリーズやヴァストーク、ヴェッキオは視点色々で書いているので……。ああいう書き方は、厳密には「正しくない」書き方なのだとわかってはいるのですが。あ、シャルはそういう作法とか全然考えてないので除外。
短編だと、カトレアとかダルシエスは視点切り替えなしです(というほど長くない。

うーん。
とりあえず、修行にはなったような気がします。

 

以下、それぞれについて簡単に。


・ストーリー
ずっと引きずってきた、『終わりの人形』や『空と桜の冒険記録』に潜んでいたテーマを、性懲りもなく今回も。この手のものはさすがにこれでおしまいです。
ずっと消化不良だったので、書きたかったのです。
今回はそこに、いままで苦手苦手といってほとんど手をつけなかった「愛」というものを多少なりとも絡ませようとした(フェーヴとショコラのことだけではなくて、もっと広い意味合いで)のですが、……難しいですね!! 間違っても恋愛ファンタジーではないので、それが主軸になる必要はないのですが、それにしても難しい。いつもいってますが、世の中の恋愛物書きさまを心から尊敬します。
以前から引き続き気にしたのは、世界観の説明をくどくどしないこと、それでいて臭わせられる箇所ではできるだけ臭わせること。このあたりは……そういうの(異世界もの)が大好きなんだ! ということで。ハイ。
あとは、ダーク系になることはわかっていたので、地の文やセリフであまり暗々しくしないこと。これは趣味。というかこれってストーリーについて、ではないような気がしてきたけどまあいいか。

 

・キャラクター
主人公のフェーヴ君。
ぶっきらぼう系の少年、黒ずくめ……
……こ、これは!!!?

そうです、趣味です(きっぱり。

そんな彼ですが、後半には羽化(?)します。
少年時、麻葉さまのイラストに悶え鼻血の海に浮かんだものですが、その後の彼のかっこよさもまた鼻血ぶーでした。
内面的にはけっこううじうじ……というか色々諦めている感じです。後ろ向き。
フェーヴは「豆」、ヴィーヴィルは「生きる」より。いま改めて資料を見直しているのですが、「豆」て……。ひどい。


ヒロイン的なショコラさん。
いままで書いたことのなかった断固真っ直ぐキャラです。彼女がいなかったらどす黒い本編になっていそうです。
いつでも前向き、正しいかどうかは二の次、というキャラクター。
書きながら自分でつっこんだりもしましたが(私は根がヒネているのでね!)、それでも書いていて楽しかったです。
これもまたイラストが……! 眩しくて……!!
彼女にはいつまでもこのままでいてほしいです。
が、実際に身近にいたら大変振り回されそうです。
ショコラはいうまでもないですが「チョコ」。女の子女の子したイメージを出したかったので。プレジールは「楽しみ」より。前向きぃ~。


胡散臭さ担当のスピラーリさん。
麻葉さまに「スピさま」と呼んでいただいていた幸せ者。
デザインの際には、「えーと、シャルみたいな胡散臭い感じで」とオーダーしたのを覚えています。ごめんスピラーリ。口調もちょっとかぶってる。ごめんスピラーリ。
こういう、何考えてんだかちょっとよくわかんないけどいなくては始まらない、みたいなキャラもまた趣味です。
登場時から、彼のセリフには、意図的に横文字とか現代っぽいのが使われています。「ベクトル」とかなんとか。もう忘れたけど。
スピラーリは「らせん」だったような。ウロオボエです(なぜか資料が見あたらない。


キャラ語りはこれだけですが、意味だけ。
オリキュレール:小指
ポムダダン:のど仏
クレアトゥール:元祖
アンファン:子どもたち
プテリュクス:翼
エートル:人間
ソルシエール:魔法使い
カリツォー:輪

他にも色々メモ書きを発見しましたが、これぐらいで(知ってもしょーもないですよね、これ。


……うおお、いま、これ書くために設定ノートをぺらぺらしてるんですが、ソルシエールの細かい発動条件や設定を見つけてしまいました。その隙間はなかった。
なぞの敵対組織の存在も見つけてしまいました。なんだこれ。


そんな感じでした。
相変わらず、語りたいことを語りきったのかどうか謎ですが、とりあえずはこれにて!
長くなってしまいましたが、読んでくださった方、ありがとうございます!

それでは! シュバッ!!
 

拍手[5回]


>拓平さま

お久しぶりですーー!! いつもロムロムしています>< 相変わらずのイラスト率の高さにゴロンゴロンしております!! あーくんモテそうとか思ったり! アウトレットいいなとか思ったり!!!
10000ヒットと、完結と、入賞と(いやこれはタナボタ的な><)、もろもろありがとうございますーー!! 蚊ガール読んでくださったんですか! う、嬉しい! ってクレアトゥールの子どもたち、も、ですとーーー!? うわあ、うわああ、すごく嬉しいです! ありがとうございますっ>< 
ストーカーだなんて、拓平さまがこっそりストーキングしている現場を目撃したらこっちから投網で捕獲ですとも!!(危険!
嬉しいコメントをありがとうございました! 元気百倍ですッ><


 

PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
おぉー
すっごくすっごく色んなことを考えながら物語って作られてるんだね!
はあーすごいねっ!

フェーヴ君は光太朗さんの趣味だったんだ…。
私も…フェーヴ君には登場の瞬間からドキッとしちゃったよ。
エランの怜がシリアスになったとき、と同じくらいドキッとしたよ。
タイプ全然違うのに何故かな…(笑)

ユイ 2010/02/15(Mon)21:01:26 編集
豆かあ
エランやヴァスの書き方は正しくないんですか? 僕はエランやヴァスの書き方の方が馴染みやすいんですが。小説の作法は複雑ですねえ。
でも、市販のものでも視点がころころするものもありますよね。
難しい話です。

それにしても、相変わらずの作り込みの濃度。僕は人物名も地域名もすべて書きながら決めるので、資料が残らないんですよねえ。そういうデータが手元にあるって、なんだか憧れます。

ところで、僕はスピラーリが好きです。あのひょうひょうとした性格、書いてて楽しそう。
ショコラの真っ直ぐなところも魅力的です。積極的な女性は男子の憧れですから。

積極的に迫られたい平Tでした。
平T 2010/02/15(Mon)22:43:54 編集
>ユイさま
そ、そんな感じだった?? いや、考えてる人はもっと色々考えてると思うよ>< 私はだいぶ必要最低限な感じ。

フェーヴは……趣味だよ!(もう開き直る。
でもドキッとしたなんて、嬉しい。シリアスになったときの怜とか、またマニアックな(笑 そんなふうに名前を出してもらったら書きたくなっちゃうじゃないか! 幸せだ! ありがとうーー><
ギャップ萌ということなら、怜がシリアスになる感じで、莉啓が阿呆になったらもしかして……(想像しかけてやめた。
うう、愛を感じる。らぶ。
光太朗 2010/02/16(Tue)08:19:23 編集
>平Tさま
ですね、複雑ですねえ。
市販のものでも色々ですよね。そういうのは、変化していくものなのかなとも思いますが、読み手が混乱するような事態だけは避けねばならんですよね。

つ、作り込みの濃度は決して高くないですよ……ええびっくりするぐらい……。固有名詞に関しては、メモっておかないと忘れてしまうんです。思いつきで書くことも少なくないですが、頭が鶏なので、そうすると結構以前のとかぶったりしてしまいます。

スピラーリお好きですか! そういうふうにあのキャラが好き、とかいってもらえるのって嬉しいですね。
積極的な女性は男性の憧れ……! そうだったのか。

私は……どちらかというと積極的に迫られたくはないです(ヒネてるっ。
光太朗 2010/02/16(Tue)08:19:47 編集
断固おめでとうございます!
最後まで読ませていただきました。今、余韻がじんわりじわじわ胸に来ている幸せな状態です。もう少しこの余韻に浸り、反芻などしてから「なろう」の方に感想を入れさせていただこうと思っています。連載お疲れ様でした!

しかし豆……!ちっぽけな存在、とかそういう感じの命名でしょうか?(笑)実は好物が納豆とかでもナイスギャップです。そういえばショコラも豆も2月の風物詩?ですね。来年はショコラのバレンタイン大作戦とかフェーヴの豆まき大会とか期待してます!(笑)

光太朗さん、そして挿絵をご担当された麻葉さん、本当に素敵な世界でした、ありがとうございました!
あるみ 2010/02/16(Tue)08:42:51 編集
>あるみさま
きゃーーー!! あるみさまーー!! よ、読んでくださったのですか>< 嬉しいです! 余韻が、じんわり……!? ふぉぉぉおお!(大興奮
感想もいただけるなんてすごくすごく嬉しいです>< ありがとうございます!

豆、でした……何故……。な、なるほど、そうですそうです、ちっぽけな存在という意味合いで(乗っかってみた。
最初は違う名前だったので、語感重視だったんだろうと思います。って、本当だ、両方とも二月! 「断固バレンタイン重視です!」「いや、俺は節分派だ……!」みたいなやりとりがあるのかも(なんだそれ。
納豆を食べまくるフェーヴって意外と違和感ないですね。庶民な食卓よりもセレブな食卓の方が似合わない気がします……。マカロンとか……(セレブ?

嬉しいコメントをありがとうございました>< なんだかもう舞い上がってしまいました。大感謝です。
光太朗 2010/02/16(Tue)18:34:08 編集
TRACKBACK
TrackbackURL:
HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]