忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
2017-12-11 [Mon]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009-12-20 [Sun]

ぎゃー! なんだか前記事に拍手たくさん! ありがとうございます!!
コメントもいただいたのですが、この場合どこにお返事しようかと……迷った挙げ句、ブログ記事にいただいたコメントは、このブログの中でお返事しようかなと思います。というわけで、追記にて。

そんで、そりゃそうだという話なんですが、ブログについてる公式web拍手(羽ハートボタンの)がぐぐっと出番なし状態に(笑 公式はHPだけにして、ブログからは取っ払おうかな、とか思ってます。そんなにたくさんあっても混乱しちゃいますもんね。


今回はバトンです! 久しぶりな気分!!


オリキャラシチュエーション台詞バトン
次のシチュエーションでのオリキャラの台詞を考えましょう!(朝起きたとき→「おはよ。・・・眠いんだけど。」という感じです。)

拓平さま宅からゲット!!
指定は「おバカな子」です。となるともうあの方しか思いつかないわけです。
では、いきます!!


Q1キャラの名前

「そんなことも知らずに私を読んだのかね? 名探偵、シャルロット=フォームスンだ。──ぬ、なに? 指定が『おバカな子』、だと? はっはっは、なにをいうかと思えば。私はもう、子、といわれるような年齢ではないとも」

相変わらずのズレ。


Q2朝起きたとき

「やあおはよう、エリスン君。今日の朝食はなにかな? すでに昼食? いま起きたのだから朝食だとも。ではデザートに昼食をいただこうか。なあに、お安いご用さ!」

食べ過ぎです。


Q3美味しい食事への感想

「ふむ、これはなかなかおいしいな。どういったスパイスを使用しているのかな? 相変わらず、見た目と味とのギャップが素晴らしい。恐らくどのレシピを見ても、これほど奇抜なものは載っていないのではないかな」

対エリスン限定で。そうでなければ普通に「おいしい」といいます(S?


Q4出かけるとき

「さあ、では出かけようではないか! もちろん馬車で!!」

歩くのは嫌いなんだそうです。


Q5欲しかったものが手に入ったとき

「こ、これは、幻のドラヤキーノ! なんという奇跡……!! これも名探偵としての輝きの成せる技というわけか」

もはやよくわかりません。


Q6相手が食べているものを欲しがるとき

「なに、遠慮することはない。さ、速やかにそれを私の皿にのせたまえ」

偉そうです。なんだかんだでエリスンはちゃんとあげると思います。


Q7Q6の後の感想

「ふむ、まだ足りないぐらいだな。ほかにはなにかないのかな?」

とりあえず感謝したらどーだ。


Q8はぐれた相手を見つけたとき

「はっはっは! 君もまだまだ子どもだね、迷子になるとは! これからはちゃんと手をつなぐというのはどうかな。靴の裏に住所と名前でも書いておくかね?」

たぶん迷子はシャルの方。


Q9スネているとき(原因はお好きにどうぞ)

「はっはっは……はっは」

笑いに覇気がない感じで。


Q10眠いとき

「はっはっは、私は眠いのだよ!」

寝ろよ。


Q11急ぐとき

「さあ、では急ぐとしよう。もちろん馬車で!」

馬車なんかあるかボケェという局面でもこのセリフ。
彼自身はこれといって急がないのではないでしょうか。


Q12別れるとき

「またできるだけ近いうちに、お会いできることを祈ってるよ。それでは──(暗転)」

暗転は必須。


Q13寝るとき

「はっはっは、では寝るとしよう!」

目を開けて笑顔で寝ていそうで怖いです。


Q14回す人(3人)指定するとき(キャラクターも指定してください)

フリーでございます!!
指定……指定かぁ~~。じゃあ「天然」で。

 


ああ楽しかった。バトンっていいなあ><

では、続きでお返事です。




拍手[7回]

PR
2009-11-12 [Thu]

あれだけ好きだった菓子に最近見向きもしない光太朗です。
でも習性で買ってしまうので、我が家には菓子がやたら蓄えられています。どうすんだコレ。

これが、オトナになるということなのか……!

あれだけ好きだったミスドのドーナツは、「甘い……!」と思うようになってしまいました。オトナだわ!
オトナ効果だかなんだか、金のかかる甘いモノがやたら食べたくて困ります。
コンビニスイーツとかさ。
ケーキ屋のケーキとかさ(それってオトナか?

相変わらず和菓子は大好きです。なんかオトナを通り越してる気がしてきた。



で、本日は久しぶりにバトンです!
拓平さまにご氏名いただきましたー! ありがとうございます!!!
某名探偵に関するバトンです。


【デザイン教えてくださいバトン】
 

指定→某名探偵
 
1、【名探偵】のテーマカラー、眼の色、髪の色、その他特徴的な外見があれば教えてください。

テーマカラー:レインボー
目の色:暗闇で黄金に
髪の色:力を使うと白髪に
外見:嘘です。ふつうにカッコイイお兄さんです。どうしても「黙っていれば」という注釈がつく残念な御方です。

 
2、【名探偵】の年齢、身長、体重、体格など教えてください。
 
年齢:はっきりと決めていたようないないような。二十代。
身長:黙っていれば外見は完璧なので、スラリと高いです。
体重:黙っていれば外見は完璧なので、引き締まっています。
体格:黙っていれば(以下略)。ただし、万年運動不足なので、きっと腹は触ったら柔らかいに違いない。ぷにっと。


、【名探偵】を描く上で「ここの特徴押えると【名探偵】っぽく見える!」というポイントがあれば教えてください。

1に、美形に。
2に、ムダに自信満々に。
3に、パイプを偉そうに持つ感じで。

というかなんというか、もしかしたらみなさんお気づきではないかも知れませんが、たぶん今初めて明かされる真実なのですが、某有名名探偵をパク……ゴホッ、インスパイアしているので、そんな感じです。
 

4、【名探偵】のパーツごとの特徴がありましたら教えてください。

全体的に偉そうです。
目を細めて顎を上げて口はニヤリでパイプ持ってれば彼になると思います。

 
5、【名探偵】の衣装デザインについて語ってください。

もしかしたらみなさんお気づきではないかも知れませんが、某有名名探偵を……


6、【名探偵】の持つアイテム、武器、小物等ありましたら語ってください。

ぱいぷ。
傍らにはゴージャスな助手。
武器はその頭脳(広大な意味で。
 

7、【名探偵】を描く上で意識してることは何ですか?
 
か、描かない、ですが……!!
いま明かされる真実なのですが、某有名名探偵を……(もう本当にすみません。

小説上での「描く」ということでしたら、えーと、常に自信満々に、しかし決して核心をつかず、常に残念に、でもどこかちょっとカッコイイかも知れない感をほのめかす感じを意識しています。


8、【名探偵】というキャラ、及びそのデザインができるまでの経緯、初期からの変化等を語ってください。
 
もともとは子ども向け人形劇の主人公として考えました。
子どもが取っつきやすいモノ、と色々考えて、頭脳はオトナな名探偵が流行っていたこともあり、探偵かな、と安易に。ならばクラシックな彼をパク……じゃない、インスパイアしよう、と。
でも子どもに色々推理してもらいたかった&こいつバッカじゃねーのぐらいが愛着わくかな、とあんなキャラになりました。

人形劇を離れてからは、もう鰻登りにかっこよくなっている気がします(気のせいかもしれません。


9、「【名探偵】を描いてみよう!!描いていいですか!?」という方が今画面の前にいる!!
 
描きまくってください!!!!!!
というかシャル祭りでもう感激しすぎて未だにウハウハメロメロです><


10、デザインが知りたい方に、お一人つき1キャラずつ回してください。

毎度のことですがフリーでございます!
 




というわけで、おまえやる気あんのか的なバトンでしたゴメンナサイ。
楽しかったんだもん!!!(かわいこぶっても。


そんなこんなでどろどろーーーん!!

拍手[0回]

2009-10-28 [Wed]

突然ですが、

創作家族バトン
 

創作キャラで模擬家族を作り当てはめて、いざ!!開始ッ!!

 

母親→キャサリン
父親→ジョニー
長男→シャル
長女→エリスン
次男→莉啓
三男→翠華
四男→怜
次女→悠良

 


◇朝、【父親】【母親】【次女】が川の字で寝ている、時間だ!!【母親】が起こす


父親:ジョニー「ヒュィー……ヒュユユ……」

次女:悠良  「すー、すー」

母親:キャサ 「……はっ、大変! 朝だわ! 起きて、ジョニー、悠良ちゃん!」

父親:ジョニー「……ヒュィー……ヒュニャヒュニャ……」

次女:悠良  「すー、すー」

母親:キャサ 「起きないなら……そうね、この場合は仕方がないわね。この拳にすべてをかけて、おはようの鉄拳で朝の光を無理矢理眼球に……」

父親:ジョニー「ヒュイ! ヒュイー!!」

次女:悠良  「おはよう、お母様、お父様」

母親:キャサ 「あら、良かったわ、おはよう、二人とも」



◇新婚夫婦の【父親】と【母親】は【次女】がいることを忘れ…おはチューVv


父親:ジョニー「ヒュイー……ヒュユゥ」

母親:キャサ 「まあ、パパったら、相変わらず朝が弱いんだから。でもそんなところもステキ☆ ちゃんと目を覚ましてね、おはようのちゅぅー☆」

父親:ジョニー「ヒュイ! ヒュイィ!」

母親:キャサ 「うふふ、そんな、あなたのほうがス、テ、キ、よ」

父親:ジョニー「ヒュイ~」

母親:キャサ 「んもう、パパったらぁ、そんなこといわないで」



◇唇がくっつく瞬間【次女】が目覚め二人を凝視。


次女:悠良  「(じぃ…………)……とても興味深いわ」

 

◇慌てるふたりに【次女】は大人な一言を!!気のせいか笑顔が黒い?


母親:キャサ 「はっ、やだ、悠良ちゃんったら! そんなじぃっと見ないで、恥ずかしいじゃないっ」

父親:ジョニー「ヒュイ、ヒュイー!」

次女:悠良  「改めていうのもなんだけど、生命の神秘について考えていたの。聞いていいかしら。私たち、どうやって生まれたの?」

母親:キャサ 「コウノトリが運んできてくれたのよ」

父親:ジョニー「ヒュゥ」

次女:悠良  「そっちのほうがまだ理解できるわ」

 

◇台所にいけば【長女】と【長男】が朝食の準備をしていた。


長男:シャル 「はっはっは、朝食はみそ汁かね! 今日はパンの気分だったのだがね! 小倉は用意していないのかな?」

長女:エリスン「ちょっと、手伝う気がないならうるさいだけだからどこかへ消えてくれない」

長男:シャル 「はっはっは、お兄たんに存分に甘えればいいではないか! どーんと!」

長女:エリスン「……家庭内暴力は最後の手段……最後の手段……(ぶつぶつ)」

 

◇【次男】と【四男】がソファーで二度寝をしている


次男:莉啓  「…………(無音)」

四男:怜   「…………すかー」

三男:翠華  「くっ、これはどういうことかな。どうして怜と並んで一緒に寝てるのが僕じゃなくてそっち? お兄ちゃんは悲しい!」

 

◇皆で朝食を!!【次男】と【四男】がおかずの取り合いで喧嘩をし始めた


次男:莉啓  「さあ、悠良。これはどうだ。こっちもおいしいぞ。たくさん食べて大きくならなくてはな」

四男:怜   「あ、それ俺の! 俺のだって! ちょっと!」

次男:莉啓  「食後のデザートもある、三種類から選べるように取りそろえておいた。なんでも好きなものを選ぶといい」

四男:怜   「うお、それも俺の! 俺が昨日買って来たやつ! ……って全然聞いてねえ!」

 

◇喧嘩はエスカレートし二人のせいで【次女】の朝食が床に落ちてしまった。


四男:怜   「悠良ちゃんには悠良ちゃんのがあるだろ、それは俺の皿に……──あっ」

 ボトリ

次女:悠良  「……落ちたわ、私のソーセージ」

四男:怜   「いや、だから、それそもそも俺のじゃねえの!?」

次男:莉啓  「貴様……!!」

次女:悠良  「う……うぅ…………(ほろほろ)」

四男:怜   「うわあ! 泣くほど欲しかったかソーセージ!!」

次男:莉啓  「貴様ぁぁ────!!」

 

◇泣いた【次女】、【父親】は二人を説教し始めた


父親:ジョニー「ヒュイ! ヒュヒュイ、ヒュイー! ヒュゥゥ、ヒュイ!」

次男:莉啓  「う、それは、確かにそうだが……」

父親:ジョニー「ヒュイ、ヒュイィィ、ヒュイ。ヒュイ、ヒュユユ……ヒュイ」

次男:莉啓  「父上がそこまでいうのなら……俺が悪かった、部分もあった、と認めよう」

四男:怜   「全面的におまえが悪いだろ」



◇慰めながら朝食を分けてあげた【長女】


長女:エリスン「泣かないで、ね? ダメよ、おもしろがって泣いたりしたら……」

次女:悠良  「…………ぐずぐず」

長女:エリスン「そろそろやめときなさいって」

次女:悠良  「そうね、飽きてきたわ(ケロリ)」

 

◇いざ学校へ【長男】【長女】【次男】【三男】【四男】が学校へ行くため玄関へ【次女】が涙を溜め「行かないで!!」とお願い!!
不覚にもグラッと来たのは……


長男:シャル 「ふむ、そろそろ時間だな」

長女:エリスン「そうね、遅刻してしまうわ。行きましょう」

次女:悠良  「…………行かないで」

一同「!?」

次女:悠良  「さみ、しい(ホロリ)」

次男:莉啓  「よしわかった、行くのはやめよう。学校という存在そのものについて検討する必要があるな。だいじょうぶだ、悠良。兄さんはずっと一緒にいる」

四男:怜   「いや、手に目薬持ってるんですが、悠良ちゃん」

三男:翠華  「いいじゃん、行かなくていい理由があるなら行かないよ。そうじゃなくてもサボるつもりだったし。やめやめ」

長女:エリスン「ちょ、そ、そんなわけには……!」

長男:シャル 「では久しぶりに、一家で推理大会でもしようじゃないか! はっはっはっは!!」

長女:エリスン「本当にみんな行かないの? 悠良ちゃんの一言で!? どうなのその兄弟関係!」

母親:キャサ 「みんな本当に仲よしねー」

父親:ジョニー「ヒュイ」

 


◇後ろ髪を引かれながらも登校!!

※だれも登校しませんでした。




**


というわけで、久々にバトンでした。
キャラクター適当にあてはめましたが、まるで狙ったみたいな。やっぱりバトンは楽しいっ><
バトンはコチラ! 発掘してきました。もちろんフリーなので、よろしければ!!

今日はこれだけでどろんちょです。

拍手[0回]

2009-10-02 [Fri]

教育テレビ50周年のなんたらステージというのを見ました。
気になっていて録画していたのです。なんかもうがっつりテレビの前にかじりついてしまいました。

以前から時々いっていますが、教育テレビ大好きなんです。小さいころからずっと好き。
いろんな教育テレビの番組が共演するそのステージ、すごかったです!!
おかあさんといっしょとか英語であそぼとか日本語であそぼとか、そのあたりはわかるんですが(わかるっつーかなんつーか)、歌って踊るステージなのに、ストレッチマンとかわくわくさんも共演ですよ!! 興奮!!!

ストレッチマン、かっこよかったわ……! わくわくさんはもう大変そうでした(笑 そもそも机に向かってわくわくやってる人だもんね、歌と踊りなんて大変だったと思います。
ミミカの後番のマインちゃんはひたすらかわいかったです。将来が心配になるぐらいかわいい(余計なお世話だ。
マインちゃんとことちゃん(いないいないばぁ)が同学年とか。見えない。
あやめちゃんも好き。シャキーン!

と興奮しまくったステージでした。また見ると思います。



そんで、今日はバトンもやります!
ちょこちょこ名前をあげていただいた絵師バトン。絵師じゃないけどやるんだぜ!!


絵師バトン

◆お名前は?

光太朗でございます。


◆差し支えなければ年齢を

差し支えました。


◆何歳頃から絵を描き始めて今何年目ですか?

な、なんて絵師向けの質問だ……!(絵師バトンだもんなっ!
あ、でも幼いころはたぶん描いてましたよ。お姫様とか。まわりの女の子はみんな描いてました。


◆利き手はなんですか?

右です。
右手で箸使ってご飯食べてるところに突然左後方からあやとりを突きつけられても左手一本で対応する、みたいな器用さに憧れます。


◆男性と女性、描きやすいのは?

女の子かな。


◆長髪と短髪、描きやすいのは?

長髪と答えておこうか。


◆正面と横顔、描きやすいのは?

基本的にまん丸なので、正面。


◆苦手だったり苦労するパーツは?

苦手といってしまえば全部ですが! 私これなんで答えてんだろうか!


◆アナログ派?デジタル派?

うーん。
とりあえずデジタルで描いてみた。


丸とか線とかそういうののみで、マウスで。アナログで頑張ったところでこの程度です。


いっそのこと丸だけで……
 



うさぎ(バカにしてんのか!



◆絵(下書き)はどこから描き始めますか?

丸から。


◆自覚している描き癖は?

丸い。


◆ペン入れの時の特徴やコツは?

ぺ、ペン入れ……!? て、手が震えないように……。


◆カラー時の特徴やコツは?

え、えええと……不自然じゃない感じ……。
か、肩身が狭いです、隊長!


◆仕上がりまでの時間はどのくらい?

上のマル子は五分ぐらい。
マルうさぎは二分ぐらい。


◆BGMは何を聞きますか?

いやほんとすみません。


◆描き始めるまでにどのくらい悩みますか?

許してください。


◆愛用画材を教えて下さい

丸。


◆好きな色、よく使う色は?

ピンク☆ だって女の子だもん☆


◆好きなモチーフは?

丸。


◆今の自分の絵に満足してますか?

いやもう別にこれでいいですよ。


◆どんな絵描きを目指してますか?


じゃ、じゃあ……次は三角とか四角とか。

 

 


お疲れさまでした。
次の項目からイメージする絵を描かれる絵師さんをあてはめて下さい。
名前を出された人は必ず答えること、また一度答えた人は二度目は構いません。

というわけで、相互リンクさせていただいているみなさん、順番にあてはめてみました。
絵師じゃないよ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、私がわりと何回かイラストを見たことがあるかどうかが基準ということで><
一個だけなんて選べないよ! とか、そうじゃなくて「幻想的」とかさ! とか色々あるんですが、言い始めたらきりがないので、一つだけでいきます!


◆カッコイイ

愁真さま 針井さま 青蛙さま 藤夜さま いーじーさま かみおさま 仕神さま


◆可愛い

愛田さま 伽砂杜さま 卯月さま チヤさま 緑茶ちゃん


◆お洒落

早村さま 碧檎さま M氏さま Pさま 亜耶さま


◆個性的

nicoさま あるみさま


◆萌え

こーたさま


◆絵茶の天才

 

◆色気

夜天さま AYAKAさま


◆魅惑

拓平さま 黒雛さま 乙麻呂さま 麻葉さま けいさま

 

名前を出しましたが、バトンはもちろんスルーしてもらってかまいません。フリーでごじゃまする。
それにしても日本語って難しい……もっとこう、なんかこう、とかけっこう悩んでしまいました。この中にぜんぶ当てはめるって難しいよ!!!


というわけで、なんちゃって絵師バトンでした! 私の名前あげてくださった方、ありがとうございました>< こっそり拝見して喜んでました。

そんではこれにて!
どろん!!

拍手[0回]

2009-08-07 [Fri]

それはまるで滝のように。
鼻水が止まりません。

夏風邪じゃないです。アレルギー性鼻炎です。昔からの。
ぐぅぅぅぅっ。いつかビッグになっておまえ(鼻炎)をやっつけてやる!!!


なんかいま何にも書いてないばかりか何にも考えてないので、ぽっかりと虚無です。
な、何か書きたい……。ちょっと姿消して長編でも書こうか。

とりあえず、初心に帰ろうとバトンです。
桐谷さま宅からキャッチして参りました。

おっそろしく長いですぜ!!!




創作者バトン


Q1
小説、漫画などの創作媒体は何ですか、またそれを選んだ理由はありますか。
A1
小説です。理由……!! 中学のときに、図書券で漫画を買ってはいけないと言われ、ならばと買ったジュニア向け小説の最後のページに「小説募集! 賞金○○○万!!」とか書いてあって、そんで書き始めました……(金目当てか。
いまでは単純に書くことが好きです。あまり思ったことを口に出すのが上手ではないので、キーボードに思いの丈をぶつけるわけです。


Q2
主に行っているのは一次創作ですか二次創作ですか。
A2
一次創作です。そのはずです。
息抜きな感じに二次創作で楽しんでます。


Q3
得意なジャンルは何ですか、また苦手なジャンルは何ですか。
A3
得意……ええと、主に書いてるのも、これから書いていきたいのもファンタジーです。たぶん。ファンタジーにこだわらず、心のドロドロなんかも書きたいですが幸せな話も書きたいです(すごい矛盾。
苦手……なのは、ホラーとか。自分が怖いから。他には、爽やか系とか。なんか綺麗な感じがする小説って、書けないような気がします。


Q4
作品を作る際にプロットや設定資料のような物を作りますか。
A4
設定資料は結構細かく作ります。
プロットは、あんまり細かく作るとがんじがらめになってしまうので、わりとゆる~い感じに。まだ書き始める前に頭の中だけで考えたものより、書きながら試行錯誤を加えたものの方が良いものになるような気がしています、自分の場合。
長編以外は、固有名詞のメモ程度のみ。あとは頭の中で。エラン短編やイビト協定程度の長さだと、紙に書いた(打ち出した)プロットはありません。


Q5
創作中に設定の練り直しや、文章の推敲等は行いますか。
A5
やります。やりまくるので、基本的に書き上がってからでないと公開できません。
書き上がってからでも誤字とかはすごい量見つかります。ミステリー。


Q6
Q5を答えた方でその際に修正に気がとられて創作が先に進まなくなることはありますか。

A6
ないです。なんかひょっとして聞かれてる「修正」は考えてるのとニュアンス違う……?
修正、というか、何度も何度も読み直して手を加えていくことで、先に進んで行きます。いまなら読み返さずともガーッと書けるぜ! みたいなテンションの時は、推敲とか後まわしでとりあえず書きます。


Q7
ジャンル、メディアを問わず、自分に大きな影響を与えていると思う作品はありますか。
A7
ゲーム、小説、漫画、童話や映画やニュース、日々の暮らし、なんでも影響受けまくります。
小説でいうなら、乃南アサさんの影響はデカイんじゃないかと思います。後味の悪さとか。最近全然読んでいませんが。


Q8
スランプ等は経験したことがありますか、その原因は何だと思いますか。
A8
すらーんぷ。小さいスランプなら結構頻繁にあるんじゃないかとも思いますが、そういうときも書いて書いて書きまくれで。
どうにもならないような特大スランプは、たぶんナイです。


Q9
自分が創作を行う際の目的や原動力はなんだと思いますか。
A9
む、難しいこと聞くね…!!
感じていること、伝えたいこと、そういうのが物語という形になるのはものすごい満足感です。長編は特にですが、書き上がった時の感動ってたまらない。
さらに感想もらえたりしたら、もう言葉にできないぐらい嬉しいです。


Q10
作った作品は公開していますか、またその方法は何ですか。

A10
主に「小説家になろう」で公開。HPを作ったので、地味にこっそり移したりしていますが、全部写し終わる日は来るのだろうか。二次創作は専用ブログで公開しております。


Q11
こういった作品は好きになれない、苦手だというようなものはありますか。
A11
うーん。
パッと浮かびませんが……うぅ~~ん……。繋がりがぶっつんぶっつんしてるのとかは苦手かなぁ。誰? 誰? っていうのがどんどん出てきたりとか。描写がくどすぎるのとか。いや完全に個人の趣味ですが。


Q12
あなたの作品を色にたとえると何色だと思いますか。
A12
色!!!
なんだかんだで「黒」が多いと思います。あらあら。


Q13
あなたの作品を風景にたとえるとどのような風景だと思いますか。
A13
それぞれの物語で、それぞれの風景が見えるといいなあと思っております。
 

Q14
自分的には良い出来だと思う作品、真剣に作った作品が、他人からは評価を受けなかった場合はありますか。
A14
ううむ??
「よくわからなかった」と言われることは多いです。SSで。


Q15
Q14とは逆に自分では失敗作だと思った、手を抜いていた作品が、他人から評価された場合はありますか。

A15
コメディ系はけっこうそういうことがある気がします。いや、特別に、失敗だ! と思っているわけでも、手を抜いているわけでも、もちろんないのですが>< コメディって、自分内比較ですが、書くスピードがえらく早いので……。
蚊ガールとか、ものすごいダメだしされまくったらどうしよう、とびくびくしてました。わざわざ前書きに「くだらないです!」とか書くほどでした。猛チキン。


Q16
自分の作品はどういった人に評価してほしいですか、またどのような人に見てもらいたいですか。
A16
読んでくださるのならどういった人でも嬉しいですよ。


Q17
科学的な根拠や、現実性の追求等、リアリティにこだわりますか。

A17
うーん、ものによりけりです。
元々が実在するような何かなら、調べます。
架空のものと割り切ってしまうなら、とことんまで作ります。


Q18
創作を始めたきっかけは何ですか、またそれはいつ頃ですか。

A18
小学……何年生だろう。もうほとんど思い出せません。
小さいころから本が好きで夢見がち、かつインドアだったので、自然と。


Q19
ストーリーを前半、中半、後半に分けた場合、それぞれの場面でどういったことに注意しますか。

A19
前半は、読んでもらえるように、できるだけインパクトのあるものを。
中半、説明的になりすぎないよう、だらだらしてしまわないよう。
後半、意外性。あと、急ぎすぎないように。


Q20
創作をしていてよかったことはありますか、また苦労したことや悩みはありますか。
A20
よかったことって数え切れないです。
苦労したこと……いまのところ、特に思いつきません。時間がないことかな。睡眠時間減るとか。でも好きでやってることなので。


Q21
自分の作品に共通するようなテーマやキーワードはありますか。
A21
本当の意味で共通するものはないと思います。
多いのは……うーん。ダークな感じ。心の動きだったり、心の中の闇、だったり。因果応報的なものだったり、所詮世の中そんなもんでしょ感だったり。皮肉だったり。あまりキラキラした物語は書いたことがありません。


Q22
自分の作品の気に入らないところ、改善したいところはありますか。
A22
ありすぎてとてもとても。
過去のを読み直して、「恥ずかしすぎる!!」と思うということは、現在の自分はその頃よりはましなのだろう、とポジティブシンキングです。


Q23
過去の創作で一番気に入っている作品は何ですか、またその作品のどのような点が気に入っていますか。
A23
えー。
愛着があるのはエランシリーズ、かなぁ……やっぱり長いので。


Q24
その作品のキャッチコピーを考えてみてください。
A24
ええ!!?

生きていく、執着する、有り続ける──善悪以前の想いの強さを描く、ダーク系シリアスファンタジー。

すみません、あるふぁなぽりすさんに登録してるのそのまま持ってきました。
愛ゆえの身勝手さ、みたいなものを書いていきたいです、このシリーズ。


Q25
主要登場人物の年齢や性別に傾向はありますか、また作中の人物の男女比などを気にしますか。
A25
わりと、「できる系」が主要になることが多いです。シャルとかもいますが。


Q26
未完成で投げてしまった作品はありますか、またその作品を完成できなかったのはなぜだと思いますか。
A26
ものすごくありますよ!! 数え切れないです! パソコンやノート漁ったら、書きかけ小説がいくつ見つかることか。
ネット公開は完結してからなので、公開してて未完結、ということはないです。
なぜ……気分がノらなかったからじゃないでしょうか。
そういうのはそういうのでまたそのうち生まれ変わるので、ムダじゃないです。大事なステップだと思ってます。


Q27
その時の流行等を意識して作品を作りますか、またそういった作品に対してどういった考えを持っていますか。
A27
意識したりしなかったりです。基本的には意識しないですが、意識した方が良いんだろーなーとは思います。


Q28
その時自分が熱中している物事の影響が作品に出やすいですか。
A28
出る、と思います。その方が楽しく良いものが書けるんじゃないかと想像(想像ってことはないのか……ないような気もする……。


Q29
自分の作品が販売されることになったとします、表紙等はどのようにしたいですか。
A29
わは!!! 素敵!!
雰囲気をくんでいただいたものであれば、なんでも。


Q30
登場人物を作る際、どのようにして人柄やイメージを作りますか、また人物で重要視することは何ですか。
A30
ストーリーと一緒に考えることが多いです。
重要視することは……その人物の目的であったり、譲れないものであったり……ええと、性格?(あたりまえか。)


Q31
自分は登場人物を殺す方だと思いますか。登場人物を殺すことに対してどのような考えを持っていますか。

A31
殺す方って、どんな……(汗
そんなに殺さない方だと思いますが、小説書き始めのころは、結局世界まるごとなくなっちゃったみたいなバッドエンドばかり書いてました。暗い。


Q32
暴力やグロテスクな表現、性描写に対してどのようなスタンスを持っていますか、また自分は使用しますか。
A32
暴力もグロテスクも性描写もあまり好きじゃないです。


Q33
日常的(食事風景等)な描写に対してどのような価値観を持っていますか、また自分は使用しますか。

A33
大事なシーンですよね。それぞれのキャラクターの特徴なんかが出てくるようにしたいです。


Q34
作品の評価ポイントはどこにあると思いますか、他人の作品を見る際はどのような点に注目して見ていますか。
A34
ひとそれぞれだと思いますが……うーんと、個人的には、明らかな矛盾とかあると、あれ? と思います。展開がぶつ切りなのもちょっと……ってこれさっきどっかで書いたな。


Q35
意図的であるなしにかかわらず作中で多用する表現、台詞、描写などはありますか。
A35
あるんじゃないですかね! 聞かないで!!(涙


Q36
登場人物と自分とを切り離して考えていますか、性格や思考などが登場人物に出やすいことはありますか。

A36
なんだかんだ自分に似る部分は多いと思います。とはいえ、私とあの名探偵は決して似ていないことをここに明記しておきたいと思います。


Q37
他の創作を行っている人に対して聞いてみたいことはありますか。
A37
こうしてネットで活動を始めたことで、いろんな方のブログなんかで創作に対する心構えだったり、考え方だったりを拝見できる機会も増えました。そのたび、「みんなスゲーーーー」となります。あんまり見てるとへこむぐらいでございます。もちろん良い刺激を受けるのですが……なんというか……みんなスゲーーー>< じ、自分は自分だっ!


Q38
今後はどのように創作と関わっていきたいと思いますか、あなたにとって創作とは何ですか。
A38
ガツガツ関わっていきたいです。
創作は、生活の一部です。
ストレス発散に書いたりするので、書くことができなくなると、イーーッてなるんじゃないでしょうか。イーーッて。


Q39
おつきあいくださり有り難うございました。バトンを回したい方がいましたらあげてください。
A39
こちらこそ、自分を見つめ直す良い機会でした。ありがとうございました。
フリーですぜ! 長いですぜ!!






さ、最後まで読んでくださった方、いらっしゃいます、か……!?><
長くてすみません! ありがとうございます!!


それではこれにて!! どっかん!

拍手[0回]

HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]