忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[394]  [393]  [392]  [391]  [390]  [389]  [388]  [387]  [386]  [385]  [384
2017-12-14 [Thu]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-07-27 [Wed]
「また、それを買うのか」
「是。最早これがないと生きてはいけぬと思うほどなのだ」
「ブルボンのレーズンバターサンド。ここのところ、必ず冷蔵庫に入っているな」
「是。切らすわけにはいかぬ」
「得心した。そうして、やれもう食べられぬだの、やれ食べたら気持ち悪くなるだの、騒ぎ出すのだな」
「なぬ。どういうことだ。そう遠くない未来、我がこれに飽きるというのか」
「幾度となく繰り返されたことよ。古くはカントリーマアム、近くはブラックサンダーであったか。よもや、忘れたわけではあるまい」
「うむむ、否定できぬ。なんということだ。我はそこまで馬鹿であったのか」
「知らぬのか。字引の馬鹿の欄にぬしの名が書かれておらぬのが不思議なほどだ」
「いや、しかし、これは特別なのだ。これを食している間は、えもいわれぬ幸福に包まれるのだ」
「決まってそういうのだ。そうして、繰り返されるのだ。なに、ぬしが菓子に飽きようが飽きまいが、我には関係のないことだがな」
「……しかし、しかし! これがないと生きていけぬと思うほどなのだ!」
「耳蛸だ。好きにするが良い」


※先日某スーパーにて、家族との会話。
※一部事実と異なります。



というわけで、レーズンバターサンドにこれでもかとハマっています、光太朗です。
飽きるもんかと思っています。
店で見かけると必ず買います。安売りだと二つくらい買います。超んまいです。
いつか飽きたといいだしたら、「ああやっぱりな」と思っていただければと思います。

それにしても、上記の会話がなされるまでは、飽きるという可能性についてまったく考えなかったという。まったく学習しないやつだな! いかんな! 反省せい!





予告通り、「水神童子」についてちょこっと語ります。
たいしたこと書かない予定ですが、一応追記にて!

拍手[5回]



和風小説企画に出すということで、当然和風なものを書くことになるわけですが、和風とはなんぞや! というところから始まりました。
私が今までに書いた和風ものといえば、黒雛さまのイラストに文をつけさせていただいた三編……ぐらいだよなーたぶんー、とぼんやり。ゼロから作る和風は初で、どうやったら和風になるのかな、というところから手探り状態。

最初は鬼ものを書く予定でした。
鬼ものでラブコメ。
頭の中でストーリーができたものの、けっこう長くなりそうで、そしてものすごく陳腐なものになりそうで(ラブとか不得手なもので)、どうしようかなあ、と保留。

次に思いついた、神様もの。
みんなが感謝してる神様もの。
「ありがとうー!!」って感じが、頭の中にぼわっと浮かんで、ああそれ書きたいな、と思ったので、神様ものになりました。

和風で鬼と神しか思いつかないとか。……ふふ(遠い目。

どちらにしろ、頭の中にあったイメージは、教科書にあるような和風ものでした。あと、絵本とか児童書とか。つまるところ、ほとんどそういう和風にしか触れてこなかったわけですが。
歴史的な知識はほぼゼロなので。おっそろしいほど、日本史知りません。以前ちびっこに歴史(社会科)を教えていたという事実がありますが(これ何度かいってる気がする)、思い出すたび恐ろしいです。リアルで私に会っても、歴史に関する質問とか絶対にしてはいけません。

お勉強に関してはけっこう優等生だったのですが、歴史だけはどうしても……。本当にもうどうしても。いやそこを詳しく語ってもしょうがないか。

とにかく、無理はせず、私にできる範囲の和風で、書きたいものを書こうと思いました。それが、水神童子です。
完全に造語のつもりでしたが、検索するとけっこう引っかかってきます。

タツ・ミチしゃべりは、最近までうっかり口をついてでていました。方言的なものって、どうしてこううつるんだろう。童子しゃべりも危険です。「なんじゃあ」とか言っちゃう。

どこかにありそうな日常を綴っていると、自分もそのなかの一部になったような気がして、書いてる間とても楽しかったです。小さい頃、童子と遊んでいたような気がします。物語を書くと、その中に入っていけるのが、本当に楽しい。しかも誰か一人ではなくて、誰にでもなれる。童子にもなれる。
久々に、そういう醍醐味を存分に味わいました。
これだからやめられない!

私にとって小説を書くということは、私自身を掘り下げると当時に私から遠ざかる行為で、どちらもとても大事です。私が私だけだったらやっていられない、そんなふうに思うときに無性に書きたくなります。


たくさんの方が参加している企画なので、すでにたくさん感想をいただきました。
すごくすごく嬉しいです。ありがたい><
でも同時にどこか申し訳ないような、複雑な気分になります。もっともっと、良いものを書きたいなと。頑張るぞ。

本当、いろんな和風があります。いやあ私の浅いなあと思ったりもしますがダメよ! そんなこと考えちゃダメなのよ! 私は私よ! みんなちがってみんないいのよ!(必死。

いつかきっと、もっと重厚な和風も書いてみたいな、と思います。
あとものすごく軽快な和風もいいな。やってみたいな。

と、朝なのにまるで夜中のようなテンションの光太朗でした(眠いわけじゃない!



それでは-! これにてーー!!! どろんでござる!

PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
無題
おやおや、またですか。と思ってしまいました。
まあ確かにレーズンサンド美味しいですけどね。
好きなものを好きなだけ食べられるってのは幸せな事ですし、まあいいんじゃないでしょうか。

和風といえば……神、鬼……妖怪……? みたいなものが真っ先に浮かぶのは仕方ないですよねー。
誰だってそうですよ。
僕もそうですから。
平T 2011/07/27(Wed)10:43:28 編集
無題
こんにちは~♪
レーズンバターサンド美味しいですよね(o^_^o)

休みの日とか朝ご飯に食べたりしてましたよ(笑)

皆さん続々と和風小説企画の小説upされてますね~。完結おめでとうございます。

私はまだまだ道のり長いです(T^T)期間内に終わるかな~って感じです(苦笑)

よしっ、私も頑張って終わらせて光太朗さまの小説拝見しにいきますね~♪楽しみです(≧∀≦)
愛田美月 2011/07/27(Wed)21:25:47 編集
ブログにコメ久々です^^
こんばんは、光太朗さま!すっかりご無沙汰しておりました。
あああ、カントリーまあむ、そしてブラックさんだー。黒雛もドンピシャではまりました。いや、今でもブラックさんだー!とはしゃいでますが(笑)
レーズンバターサンド、なんて素敵な組み合わせなんだ。と食べるたびに幸せになります。
でもでも。
…どうぞ胃もたれにお気をつけ下さいませ!!

そして「水神童子」を拝読して、ほんわりしました。ホラーを読んだ後にホクホクしまして。
やっぱり光太朗さまの小説は安心して読めるのです。あー長くなるので、感想はなろうにて><

ではでは、執筆お疲れさまでした^^
さらなる執筆活動おうえんしてますー♪
黒雛 桜 2011/07/27(Wed)23:38:42 編集
おいしいですよねー>∀<
現在、腹が何か食わせろ! と大騒ぎしております。バターサーンド! と言葉を聞くだけで、いや、見るだけでもうヨダレがっ><←きたない
うふふ。色々と山を越えてきてますものね。お嬢様、回帰なんていかがかしら?
ほ~ら、この季節は、あいすまんじゅう(笑

あ、いえ。ごめんなさい。
水神童子。大好きなお話です♪ 私も明るく可愛く楽しいやつ書きたかった~~~vvv 書いてて楽しかったけど、どんどん暗くなるってゆー罠(自業自得;
皆さまのお話を読んでは、勝手に救われておりまする♪ エランも楽しみましたっ! やっぱり怜くん、苦労性ね~v
伽砂杜ともみ 2011/07/28(Thu)01:47:35 編集
お久しぶりです^^
ご無沙汰してます!お元気そうでなによりです!(^^)!私もハマるとそればかり買うタイプなのでよくわかります!私はこっちに来てからずっとチョコチップクッキーを買ってます。同じやつを毎回買ってます。せっかくなのでいろいろ開拓したいと思ってますが、日本人の口に合うものを探すのは難しいです(>_<)

久しぶりに光太朗さんの小説を読んでみたいと思ってます!ただ、最近ちょっと忙しいので週末など時間のあるときに少しずつ読もうと思います。イラストなどもずっと描いてないのですが、そういう文化的なことをそろそろやりたいなーと思いつつあるので、できるかわかりませんがイラストなど書けたらお送りしますね!(^^)!

それでは(*^_^*)
緑茶 2011/07/29(Fri)05:40:31 編集
お疲れサマでした!
 あら、ハッピーターンが抜けている(笑

 和風お疲れサマでした!
 積読が多すぎてまだ水神さままで辿りつけていない私ですが、いずれ、いずれ……ッ!

 私から遠ざかる、というのは解る気がします。
 コタさんの仰るそれとはまるで違うニュアンスという気が致しますが;
(だから私が書くのはメンズ主人公が多いのね!)
 こちらで和風企画を見たときは、すっごいウズウズ「参加したい!」情動が脳みそブロウクン寸前状態まで漲ったのですが。
 私が書いたら漏れなく二次創作になりそうなので(だって、和モノと言えば武将でしょう、武将!!←偏見☆)、読み専で楽しませてもらいます。^^

 和と言えば神や鬼、というコタさんは、やっぱりファンタジー畑の人なんだな、と記事を拝読して改めて思ったデス。
師匠!! またファンタジー書く時のノウハウ色々教えてくださいませね!!><
藤夜 要 2011/07/30(Sat)11:58:53 編集
>平Tさま
ま、またですかという感じですかやはり……! 知らぬは己のみだったのですね……。そう安価というわけでもないので、買いまくって飽きまくるということにはならないと勝手に自分フォローです。

和風、そうですよね! 妖怪! それもよぎりました。なんにせよ物知らずなので、反省です><
光太朗 2011/08/01(Mon)14:32:03 編集
>愛田さま
おいしいですよねー! ブルボンのは「ガトーレーズン」という名でした。安いから買っているというだけであって、ケーキ屋なんかで見かけてもついつい買ってしまいます、レーズンバターサンド。幸せの味。

そうなんですよ、企画! ブログやサイトで拝見して、すごく励みに、&嬉しくなっていました>< 同じ企画に参加できるって素敵です!

はわわ、私のは、またふと気が向いたときにでも、いつでもー…!><。 自分がなかなか読みに行けないので悔しいのです。。

企画、楽しみましょうね-!!
光太朗 2011/08/01(Mon)14:32:25 編集
>黒雛さま
お久しぶりですー! でも時間を見つけてはブログにおじゃましていたり。ふふふ。
カントリーもブラックもおいしいですよね……! いやでも私の場合、やりすぎだろ!!! ってぐらいに食べまくってしまうので、自業自得でもう無理です……。ああ……。レーズンバターサンドはそうならないよう、気をつけます><

水神童子、ありがとうございますー! 感想掲示板の方も拝見しました! 嬉しいです!!
そしてそして、イラストも悶え悶えしながらそりゃあもう穴が空くほどに見ましたよ! かわいくて美しくて、ドキドキです……!!

おうえん、ありがとうございます>< 私も黒雛さまを全力応援ですー!!
光太朗 2011/08/01(Mon)14:32:45 編集
>伽砂杜さま
バターサンド、おいしいですよねーーー!!! 一度に何個もいけないくどさ(?)がまたいい! すごくいい!!

あ、あいすまんじゅう……。そうですね……あれもね……すみませんもう見たくもないです(涙。
きっと、一生のうちに食べられる量っていうのが決まってると思うんですよ。私はそれをものすごい短期で食べきってしまうんですよ(なんだそれ。

私も普段ダークな物を書くのが多いので、お気持ちわかりますともーー!! それはそれで、楽しいんですよね。いや楽しいっていう言葉はなんか違うのかな……いやでも楽しいんですよ! ね!

エランにも反応いただけて嬉しいです! わあい!>< この子らもまた書きたい-!><
光太朗 2011/08/01(Mon)14:33:15 編集
>緑茶さま
ご無沙汰ですー! い、いつのまにかブログ更新が再開していた!!(いつの話だ。
そんなわけでブログもお邪魔しています! そして手紙が届いたよ! びっくりしたよ! ありがとうーー!! 必ず必ず、お返事書きますので! のんびーり待っていてくださいな><

チョコチップクッキー、おいしいもんね。そうかそればかりを。ということは飽きるのも時間の問題か……(不吉なことを!

小説、読んだみたいと思ってくれてありがとう>< そんで、イラスト、ですとーー!!! そんなこといったらわくわくしちゃうじゃないのさ!(笑
和企画なので、いろいろ日本の風を感じられるかもかも。企画サイトも覗いてみてね。イラスト参加もあるのだよ!!(参加締め切り済みだけども><

りょくちゃんはとにかくもう健康第一で、体大事にしてね>< 遠い空の下、祈っております!
光太朗 2011/08/01(Mon)14:33:36 編集
>藤夜さま
ハッピーターン
夜中に食べて
アンハッピー(五七五)

うむ、和!!
いやいやハッピーターンは飽きてないですよ、ちょっと一度に食べ過ぎて胃がもたれたというだけで。今でも大好きです。
私の場合、もう見たくもないレベルまでいくので、そこまでいこうと思うといや~も~なかなか大変です(したり顔。

私から遠ざかる、のは大事ですよね! 本当に大事!! 自分のブログとか、日常のことがあまり書いてないなーと思うのですが、それも遠ざかっている結果なんだと思います。いやもう私は私だけで充分だもん(笑

武将!
私にとってはその二文字がすでに深い深い歴史ワードです。リアルに、真剣に、武将ってなにレベルです。自分が怖い。
だから、空想の世界に羽ばたくしか、道がない、という……(切なくなってきた! べ、勉強します!><
光太朗 2011/08/01(Mon)14:33:57 編集
TRACKBACK
TrackbackURL:
HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]