忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[405]  [404]  [403]  [402]  [401]  [400]  [399]  [398]  [397]  [396]  [395
2017-12-14 [Thu]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-10-31 [Mon]
その前にちょっとお知らせ!

勢い重視のライト系コミカル現代ファンタジー、連載開始しました。

花ノ宮町限定☆美少女ヒーロー

こういうのです。
内容もですが更新も軽い気持ちで、と思ってなろうでやってます。
いつも通りの分量で完結予定です。たぶん原稿用紙300枚ぐらい。ネストよりはちょっと短くなりそう。


それではメイン、mさまに描いていただいているイラストやりとりを!
今回は色っぽいのと色モノっぽい二人がメインで!
あ、たいしたことないですが若干のネタバレです。


拍手[4回]



赤い魔女 2



ジキリ「やっと出番かよ! 遅ぇよ! いやあ、待った、待った」
スノウ「なぜだ! なぜ貴様と二人なんだ! 定員二名ということではないはずだ!」
ジキリ「それはこっちのセリフだ。エスはどうしたよ、エスは」
スノウ「これはこっちのセリフだ!」
ジキリ「…………。それにしてもあれだな、こうやって改めて顔つきあわせるとよ……あれか、スーちゃんはそんなに俺が嫌いか」
スノウ「き……っ、嫌いだ!」
ジキリ「またまたあ。それほど嫌いでもねえんだろ」
スノウ「嫌いに決まっているだろう! そういうところも大嫌いだ!」
ジキリ「……いや、冗談だから、顔赤くすんのやめろ。なんか誤解されそうだ」
スノウ「怒りでこうなるんだ! 私は色白だからな!」
ジキリ「ガキだなあ。俺はけっこう好きだけどな、その馬鹿なとことかよ」
スノウ「…………!」
ジキリ「エスの苦労を察するよ、ったく」


赤い魔女 3


エスメリア「先日、彼女に会ったわ」
ジキリ  「エス! 愛しのエスメリア! いやあ、こうして会える日をどれだけ楽しみにしていたか。さ、酒飲もうぜ。おごりだおごりだ! 飲め飲め!」
スノウ  「エスメリア! なぜ私はこの姿なのですか! 口づけをしてください、さあ、さあ!」
エスメリア「あなたに会いたいから居場所を教えろといわれたわ、ジキリ。良い仲らしいわね」
ジキリ  「おお……総無視かよエス……。なんだよ、昔の話だろ。気になる? 気になっちゃう?」
エスメリア「気になる? ……? 何が?」
ジキリ  「なんで純粋に不思議そうなんだ! 俺傷ついた!」
スノウ  「ふふふ、自業自得だ。エスメリア、私はあなた一筋ですからね!」
エスメリア「…………」
ジキリ  「おまえ、さっさとどっか消えろよ。こっからは大人の時間だろ。空気よめっての、この小動物!」
スノウ  「ふ、二人っきりになどさせられるわけがないだろう! 何が大人の時間だ! この色魔!」
ジキリ  「なにおう! このむっつりが!」
スノウ  「む、む、むっつ……!」
エスメリア「………………(そっと席を立つ」


公開処刑 1


スノウ「あああ! エスメリア! いったいどこに!」
ジキリ「あ、いつのまに!? ったく、また逃げられたか」
スノウ「──は! まさか、エスメリアの身になにか……!」
ジキリ「また始まったよ」
スノウ「こうしてはいられない! エスメリア! すぐに、すぐに助けに行きます……!」
ジキリ「おまえさんさあ、その調子で十三年間だろ。よく飽きねえよなあ」
スノウ「飽きる? まさか! それに幼き日のエスメリアはそれはもう聡明でかつかわいらしく、ときには私に甘え、時にはそっと姿を消し……」
ジキリ「……そのころから逃げられてるのか……」



***

もはやイラスト全然関係なくなってきましたが、一応ちなんで二人の出番を多めに!
まだまだ描いていただけるのかと思うとにやけが止まりません。幸せです><
mさま、本当にありがとうございます!!


それではここで! ドロン!!



 
PR
COMMENT
Name
Title
Color
Mail
URL
Text
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret
今やっとこの辺りまで読んだ!
 後追いって、Wで二度オイシイ!>本編+ココ☆

 ひゃっはー! ジキリさん登場した途端に読書速度急激にUP!
 ジゴロだ! 女スキーだ! おっさんだ!!!!(言葉を慎め、神の加護からハブられるぞ!!><。

 完結読了までオクチチャックがスタンスだったはずなんですが、おかしい――そうだ、全部ジキリさんの色香の所為にしてしまおう!(ちょっと落ち着いたらまた来ます;;; 乱文取り乱し状態書き殴り捨てコメ大変失礼;
(そして名前を撃ち間違えていることに気づき、コッソリ直しに舞い戻るなど;;;
藤夜 要 2011/11/07(Mon)14:52:50 編集
>藤夜さま
わあい、ありがとうございます!>< 書いて楽しくて、描いてもらって嬉しくて、読んでもらって見てもらってコメントもらって……果たして私は何度オイシイのか! ありがたい!!><

ジキリ、うまい具合にヒットしたようでよかったです(笑 きっと色気むんむんのフェ~ロモンな男性だと思います。スノウが無味無臭な感じがするので、相対的になんかこう……臭いっていうか……(ひどいいいよう。

コメントいただけて本当に嬉しいです! ぜひ引き続き、mさまの美麗イラストをご堪能くださいーー!!
光太朗 2011/11/07(Mon)15:51:15 編集
TRACKBACK
TrackbackURL:
HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]