忍者ブログ
今日も今日とて光太朗
自作小説についてなどを、つれづれに。
[4]  [3]  [2]  [1]  [124]  [125] 
2017-05-26 [Fri]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2002-02-22 [Fri]
削除前にいただいた評価・感想のコピーです。

↓古い ↑新しい の順です。

拍手[0回]


名前:碧檎  2008-04-04 18:27 
掲示板を見てやってきました。以前から気になっていた作品だったので、飛びついてしまいました。
すごく良くまとまっていて、とても面白かったです。
描写がすごく丁寧で、風景などが目に浮かぶようでした。
ただ、ほんの少しだけキャラが弱いような……もうちょっと突き抜けたキャラがいるとインパクトがあったかもしれません。これは個人的好みの問題なので、評価には関係ないですが。
素敵なお話をありがとうございました。

文5 作5

【返信】
あ、ありがとうございます! すごいですね、掲示板効果。もうほんと感涙ものです。
キャラクター! おかしいな、前作の時に学習したはずだったんですが学習できてませんねコレ; ご指摘、勉強になります>< 次こそは学習結果を反映させなければ…!!

あたたかいコメント、本当に嬉しいです。ありがたい。特に描写は自分でも力不足を感じているところなので、褒められると異様に嬉しいです(笑 大謝々!!
今後も精進致します! 本当に、ありがとうございました!!!



**



名前:宮座頭数騎  2008-04-03 18:01 
掲示板から来ました。宮座頭数騎と言います。
 出版されてるライトノベルクラスの作品でした!
 達筆な文章力に、魅力的な物語に構成力は流石としか言えません!
 自分もこんな作品を書いてみたいっす!

文5 作4

【返信】
う……っ、なんてことでしょう>< す、すばらしいです。恐れ多いですがもちろん嬉しいです。たまりませんね、これ。あ、エイプリルフール? ……は、過ぎてる大丈夫。
ありがとうございます、本当に励みになります。
そのようなお言葉をいただけるほどでは決してありませんが、明日への活力に繋がります。

今後も精進致します。
本当にありがとうございました!



***



名前:nico  2008-04-03 13:19 
こんにちわはじめまして! nicoと申します。^^
秘密の基地でお見かけし、読ませていただいたので、感想をかかせていただきますね。
まず、最初に言いたい事は、深い話でとてもおもしろかったです!
でも、残念な事もありました。
ここまで丁寧に作られた世界観(すごい!)なのに、生かしきれていないからです。もったいないです~。
コスモスの、アインス、ツヴァイ、ドライ、フィーアの階級も生かされていないし、カメロス=グラナドール直属のヌルたちも生かしきれてません。組織は崩壊しちゃうし、もったいないです。フォシールが活躍しちゃったからもみ消されちゃったのでしょうか。
あと欲を言えば、実際両国の戦争を起こした方が、深い話になったかもですね。
コスモスの、裏から手を回す汚いやりくちを見てみたかったです。
それにジュリスを破壊されちゃって、もしヴァストークに戦争を仕掛けられたらザーパトどうなっちゃうの!? と最後思いました。太古から争ってるし……。
アエルを作り出したヴァストークの内部も謎ですね。

などと、初心者がいろいろ書きましたが、ほんとおもしろかったです!
文章は、はじめの頃、すこし流れが悪く感じたので、見直すといいかもしれません。
でわでわ、生意気書いて申し訳ありませんでした!!
こっそり『ヴァストーク編』を希望してます。^^
※これは評価ではなく感想です

【返信】
ありがとうございます! スレをたてるときにずいぶん迷ったのですが、このように読んでくださる方がいらっしゃったことに感動です。
生かし切れていない……なるほど、難しいですね。私なりの考えがあってのことでしたが、裏目に出た部分も多いようです。小説を書くって、本当に難しいですね(最近こればっかり;;

今後も精進いたします。
丁寧なコメント、本当にありがとうございました。大感謝です。



***



名前:蜻蛉  2008-04-02 13:41 
どうもまた私です。依頼いただきました蜻蛉です。
長らくお待たせしました。今回にいたっては、正直評価に悩みましたが、書きながら☆のほうは判断させていただきました。
3作品光太郎さまの作品を評価しましたが、恐らくこの作品が個人的には一番出来が良いかと思います。『『テーマ』という面においては』どうやってか酷評してやろうとも思いましたが、☆4未満というのはこの作品には似合わないかもしれません。
文章評価は一応5にしておきましたが、一点文句をつけるならば、「億劫そうに」という表現は、普段使う言葉の中でも少々捻った表現(言えば文章力のある表現)なのですが、それを多用すると違和感が残ります。多少無粋なものでも良いので、使い分けることをしたほうが良いかもしれません。一話に2回登場し、次にも一回。「言った」という単純な表現ならば多用も難しくありませんが、小説的表現は多用出来ないのが難しいところですね。

物語については、言うほど文句は無いですが、やはりここでもあえて、残します。
ラストを読んで「ああ、いい感じだった」という」感想は残りました。うん、やはりファンタジーはこういった語られるべきことがあってこそですね。
しかし、なんと申していいのか分からないのですが、やはり今回も「一歩もしくは二歩足りない」感想が残るのも私の真実です。全体としての安定感にはもう定評つけても良いんじゃないだろうかと思えるのですが、各個ストーリーを追って「楽しめただろうか」と聞かれると、「本だったら満足できなかっただろう」と答えてしまう現状。
安定感、というのは良い意味でも悪い意味でもあります。文章に対しての安定感は褒め言葉として受け取って良いのですが、展開としての安定感というのは良く言えば「ほつれが無い」。悪く言えば「平坦だ」とも言えるわけです。
今回の作品においては、光太郎さまの安定感が良くも悪くも出ている。終わりよければ全てよしの理論を通用させれば☆5なんですが、キャラクターの魅力を存分に活用出来なかったことと、展開が投げられたような印象が残ります。放置された、という意味ではなく。
第一話にて、私は「これは面白そうだ」という印象を残し、半分まで来たところで「あるぇー?」。後半で「いい感じだった」です。
これはどういうことなのかと言うと、まず序盤ですが、これは「序盤としての面白さ」はファンタジーには良くあることですが、そういうことを除いて、「強盗が入った。気の強い女性がいた」というその展開に魅せられたのです。設定とかの勝利ではなく、単純に面白かった。
次いで中盤になって何故魅力を感じなくなったのか。ここから何故か平坦に感じられてきます。ホテル宿泊~追撃、両親との再会までが「登場人物を出しましたよ」という印象しか残らない。ファンタジーはこういう点鬼門なのですが、文字数が十二万文字前後が恐らく一冊だと考えているのですが、その中で出せるものを全て出さなければならない。そしてこの作品はそれを出し切れなかった。というのが印象。もっと、もっとヒロインとの話が欲しかった。もっとコスモスとの対立が欲しかった。と、どんどん貪欲になれる感じです。
そして終盤。これは言うまでも無くヒロインの業績です。ああいう展開大好きです。まあ個人的にはグリーヴァしかり、他の人物しかり、もっと苦しい思いを表面に押し出しても良かったとも思いますが。でも気になるほどでもありません。つかぶっちゃけ今のは前言撤回でも良いです。

ああー、これはなんと言ったものか。高評価したいが高評価できない。もどかしいですね。前二作品においてははっきりと言える場所があったので楽だったのですが、今回は私に対しても鬼畜なようで。もう何度思ったか分かりませんが、本当に惜しいです。文章が出来上がっていて、ここまで安定したものを書ける。文字数をちょうどいいくらいで話を完結させられる。この技量はなかなかにつかないものです。
総括すれば、「完成度が高い。が、面白みに一歩欠ける」が今回の感想でしょう。今までの作品の評価と違うので、もうなんていうか、かなりキテるんじゃないでしょうかw

では、依頼ありがとうございました。

PS.プレイステーション。
セルフのほう完結いたしました。良ければ、そちらのほうも評価をお願いしたいです。

文5 作4

【返信】
ありがとうございました。相変わらずの丁寧な評価コメント、感涙ものです。これで三作……イヤ、四作目ですよね?(短編『加害』は別カウントってことかもですが)なんかもう評価依頼ストーカーで申し訳ないです。
文章評価、「億劫」については驚きです。それはいかんですね。どうしたことでしょう。具体的な指摘、とてもありがたいです。
そして、内容評価。ううぅーーん、なるほど……難しいものですね。なんというかこれはもう、私の実力の範疇外かぁ……と悟りを開きそうで怖いですが、イエあきらめません、また頑張ります。いや、ちょっと、私の求めるものは遠い昔に忘れてきたものなんだよ、といわれた気分と申しましょうか、正直こりゃヤバイという気持ちなのですが。本当に、小説を書くっていうのは(もちろん楽しいんですが)難しいですね。
次はいっそ長期間かけて書くのもありかもしれません。じっくり練ってみたいと思います。

また長編を書いた暁にはお願いするかもしれませんが、その時にはまたかーと思いながらお付き合いいただけると幸いです。
本当にありがとうございました。

プレステの件、もちろん読み進めている最中です。時間かかるかもですが、必ず評価入れますね。

それでは!



***



名前:早村友裕  2008-03-29 21:56 
こんにちは!
「なろう」内を彷徨うこと半日……ようやくここにたどり着きました。
あーもう本当に、半日彷徨った甲斐があったというものです。

本当に面白かったです! 今までこのサイト内で読んだ中で一番夢中になって読みました。何より、文体がドストライクで好みだったので、読んでいる間全くストレスを感じませんでした(ちなみにいつも縦書き機能で読んでるので一章の長さは全く気になりません・笑)。

最後の最後までどきどきしながら読みました。
ああ、ハッピーエンドでよかった! っと胸を撫で下ろし、このあと二人はどうなるんだろうと勝手に思いを巡らせています。
何より、クルイークがかわいい……一途だね。そして報われないね……。

いかんせん語彙が少ないもので、うまい感想や評価は残せませんが、本当に楽しかったです。
これからもがんばってください!

文5 作5

【返信】
ほぁぁ! なんとありがたいお言葉の数々! ありがとうございます、光栄です><
縦書きを意識して書いているので、縦書き機能で読んでいただけたというのもまた嬉しいです。しかもドストライクですか! 文章力不足を自覚しているので、それはとても嬉しいお言葉です。

うまい感想や評価が残せないなどと、とんでもないです。読んでいただいたことはもちろんですし、こうして何か書き込んでやろうと思っていただいたこと、もちろんお言葉一つ一つも、本当に嬉しいです。そのまま次の創作意欲に繋がります!

本当にありがとうございました。
今後も精進いたします!!!



***



名前:秋奈  2008-03-29 15:17 
最後が少し意味が分かりませんでした。

作5 文4

【返信】
ありがとうございます!
こうしてコメントをいただけると、興味を持っていただいたんだな、しかも最後まで読んでいただいたんだな、ということがわかるので、とてもとても嬉しく思います。ありがたいです。
最後、分かりづらかったですか。それはいかんですね。まだまだ修行が足りません。
精進していきますので、また機会があればぜひのぞいてやってください。

本当にありがとうございました! 感謝!!



***



名前:青柳朔  2008-03-29 00:19 
どうも、依頼を受けました青柳です。

そして最初にこれだけは言わせてください。
素敵な物語をありがとうございます!

最初読む前に7話で完結? 短くないか? などと思ったのですが、物語は遅すぎず早すぎず、私にあったペースで進んでくれました。
会話もテンポも良かったし、世界観も素敵です。見事なファンタジーだったと思います。
難点を挙げるとすれば、一話一話が少し長かったことくらいでしょうか。でもまぁそれは個人の好みですのであまり気になさらなくて結構です。

ラストもすっきりと良い感じに余韻を残してくれました。
もうお腹一杯です。デザートにその後の彼らがもう少しあったりすると大満足ですが(さりげなく希望)

ではでは失礼します。
お互い執筆頑張りましょう!

文4 作5

【返信】
ありがとうございます!! は、早いですね、そしてこのあたたかいお言葉…!!
嬉しさでお腹いっぱいです。本当にありがたいです。
依頼をする際、ずいぶんと勇気を振り絞ったのですが、お願いして良かったです。読んでいただき、そしてこのような高評価、光栄でございます><
一話分、長いですよね…そうなんです…小分けするのが面倒で(っていってしまうとみもふたもないんですが;

本当にありがとうございました。大変励みになりました。
今後も精進いたします。
お互い、頑張りましょう!!



***



名前:青蛙  2008-03-22 13:30 
青蛙です。楽しみにしておりました。
アエルの力は破壊、殺人だけなのか? リストの小さい頃のエピソードのところから疑問だったけどやっぱりそういう事だったですね。
実家に里帰りするところで号泣。
 最後の自分の気持ちに気づくところでまたまた・・・。
アエルの後悔と絶望。本当なら彼女だけが負うべきものじゃないのに国家とかが絡むとなぜ罪の所在が曖昧になるのでしょうね。
 クルイークが良い味を出してました。個人的には一番好きかも。
彼はあの後、ストーカーしたのか? 彼女を捜すことができたのか?
 何か気になる終わり方でした。
救いようの無い彼女の心を救ったリスト、あんたは強いのかヘタレなのか。
 人間の強さ、弱さについて考えさせられたり、彼らの会話に何気に楽しませてもらったりと待ったかいがありました。
 ただの感想みたいになってしまいましたが蛙め、しようがないなあと
お許しください。ではでは

文5 作5

【返信】
うう! ありがとうございます、重ね重ねありがとうございます!!!
なんて丁寧な感想を…! こうして読んでいただけたことももちろんですが、嬉しくて仕方ないです。青蛙さまのこのコメント、何度読み返したかわかりません。優しさがにじみ出ていらっしゃる…!!!
号泣、ですか。恐れ多いですが嬉しいものですね。クルイークがどうなったのか……等は、色々想像していただけると幸いです。気になるといっていただけて、作者冥利に尽きます。
あーもう本当に嬉しいです。毎日十回ぐらい読み返しそう…(笑
本当にありがとうございました。
今後も精進致しますので、よろしくお願いします!



***



名前:羽生  2008-03-21 03:30 
面白かったです。
続きが見たくなるような終わり方もまた良しかと思います。

文5 作5

【返信】
もう、このコメントに気づいたときに泣きそうでした! ありがとうございます!!!
日付が変わってから投稿したように思うので、羽生さまは本当にすぐ、読んでくださったということになります。私はなんてめぐまれているんでしょう…!!
初めて他人様に読んでいただくときというのはとても不安なもので、どきどきどきどきしていました。もうほっとして、嬉しくて、大変です。感動をうまく言葉にできません。
本当にありがとうございました!
これからも精進致します!!!





PR
HPへ
Copyright © 今日も今日とて光太朗 All Rights Reserved.
PhotoMaterial by Kun  Template by Kaie
忍者ブログ [PR]